モバイルアプリ開発用のコントロールセット

ComponentOne Studio for Xamarinを利用して開発するアプリケーション実行するためには、アプリケーションごとにライセンスキーを取得して組み込む必要があります。このページでは、アプリケーションにライセンスを付与する方法について説明します。

無料の配布ライセンス

ComponentOne Studio for Xamarinを利用して開発するアプリを実行するためには、ライセンスキーを取得してアプリに設定する必要があります。ライセンスキーを設定したアプリは、配布、公開するための費用を支払うことなく公開できます。ライセンスキーは開発、配布本数に制限はなく無料です。

また、正規に取得したライセンスキー(一意の文字列)をアプリに組み込めば、簡単な仕組みで認証が行われるため、アプリがサーバーと通信することなく認証します。

ライセンスはアプリケーションを開発する際に、ライセンスキーを取得して組み込みます。ライセンスキーの取得は、製品版の開発ライセンスをもつ登録ユーザー様であれば、Webサイトから何度でも無料で手続きできます。

ライセンスキーの取得と組み込み手順

ライセンスキーを取得して、アプリケーションを開発するためには以下の手順で手続きを実施する必要があります。
  1. ユーザー登録、シリアルナンバー登録(製品版のみ)

  2. アプリケーションプロジェクトを作成

    Visual Studioを利用してComponentOne Studio for Xamarinを利用したアプリケーションを開発するソリューションを作成します。
  3. ライセンスキーを取得


    以下のページでライセンスキーを生成して取得します
    ComponentOne Studio for Xamarin ライセンス生成

    ライセンスキーの生成にはアプリケーションの名前が必要です。 また、生成できるライセンスキーには以下の違いがあります。
      ライセンスキーの期限
    トライアル版 トライアルキーはアプリケーションごとに期限が設定されます。取得できるトライアルキーの有効期間はキーの初回発行日から30日です。
    取得する数の上限はありませんが、取得できる期間は、ライセンスキーの発行を最初に実施した日から30日間になります。
    製品版 シリアルナンバーで製品登録すると、製品版ライセンスキーを取得できます。
    ライセンスキーの有効期限、取得する数の上限はありません。
  4. ライセンスキーの組み込み


    作成したプロジェクト内にあるアプリケーションのエントリポイントで、キーを埋め込むためのコードを記述します。キーは統一ですが、言語によってコードを埋め込む位置と記述方法が異なります。

      License クラスの作成
      Licenseクラスを作成し、KEYプロパティに取得した文字列を設定します。LicenseManagerにはKeyプロパティを渡すように記述するとソースコードが見やすくなります。

    • プロジェクトにLicense.csファイルを追加して、生成されたコードを貼り付けます。
      // C#のクラス定義 
      public static class License
      {
              public const string Key = “Webサイトで発行したライセンスキー”;
      }
      
    • LicenseManagerの記述
      アプリケーションの初期化処理に、取得したライセンスキーを組み込む処理を記述します。

    • Xamarin.Formsの場合(PCLのApp.csなど)
      // C#のコード 
      C1.Xamarin.Forms.Core.LicenseManager.Key=License.Key;
      
    • Xamarin.Androidの場合(MainActivity.csなど)
      // C#のコード 
      C1.Android.Core.LicenseManager.Key=License.Key;
      
    • Xamarin.iOSの場合(AppDelegate.csなど)
      // C#のコード 
      C1.iOS.Core.LicenseManager.Key=License.Key;