Silverlight開発で役立つコンポーネントセット

Studio for Silverlight

ComponentOne Studioのうち、Silverlightアプリケーション開発用の機能に限定されたエディションです。Visual Studioであらゆるジャンルのアプリケーションを開発できるSilverlightコンポーネントセットです。データグリッドやチャート、帳票ビューワ、スケジュールに加え入力フォーム開発に適したコンポーネントやiPhoneのカバーフローのようにコンテンツを視覚化して表示できるコンポーネントなど多彩に収録。システムの用途やユーザーニーズに応じてコンポーネントを使い分けるという開発スタイルは、多種多様な開発案件への対応、柔軟性と汎用性によるコストダウンなどのメリットをもたらします。これからSilverlight開発を始める際に大活躍する製品です。

新機能を見る

機能/特長

高速で柔軟なFlexGrid

FlexGrid」は、連結グリッドや非連結グリッドを作成したり、高速スクロールを実現するMicrosoft Excelの機能をベースにした組み込みの印刷、セルの結合、列の集計、カスタムセルなど、ビジネスデータに必要なあらゆる拡張機能を提供します。FlexGridの柔軟なレイアウトやスピード、軽量なアーキテクチャをぜひお試しください。

画像「高速で柔軟なFlexGrid」

強力で魅力的なデータの視覚化

40以上のグラフ種別、柔軟なデータ連結、実行時操作、大容量データセットの最適化などを備えた「Chart」は、最先端のグラフコントロール製品です。スタイル、アニメーション、マーカー、リアルタイム更新などの機能を使用して、ダイナミックなダッシュボードを作成してください

収録コンポーネントを詳しく見る

画像「強力で魅力的なデータの視覚化」

HTMLとPDFの表示

ComponentOne Studio for Silverlightに含まれる革新的な「PdfViewer」や「ReportViewer」コントロールを使用すると、Adobe ReaderなしでPDFドキュメントやHTMLレポートを簡単に表示したり印刷することができます。

画像「HTMLとPDFの表示」

本格的なテーマと簡単なスタイル設定

すべてのコントロールで、Metro、Office、Expressionを初めとする12種類以上のテーマを利用できます。さらに、「ClearStyle技術」が組み込まれているため、複雑なテンプレートを変更しなくても簡単にコントロールの色を変更することができます。Visual Studioでいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、プロのデザイナがExpression Blendで設計するように、独自の外観をすばやく設定できます。

画像「本格的なテーマと簡単なスタイル設定」

一度の作成でどこでも配布可能

ComponentOne Studio for Silverlightのコントロールは、「WPFコントロール」と同じコードベースを共有します。このため、コードの多くを共有しながら、機能豊富なWebアプリケーションとデスクトップクライアントアプリケーションを構築できます。その結果、開発時間とコストが削減され、複数のプラットフォームのコントロールについて学習する必要もなくなります。

ユーザーライセンスで柔軟な開発環境を

ComponentOne Studioは、ユーザーライセンス体系を採用しています。1ユーザーライセンスにつき上限3台のPCにインストールができるので、さまざまな環境での開発やメンテナンスが柔軟に行えます。

画像「ユーザーライセンス」

ライセンスについて

その他の機能

多種多様なSilverlightコントロール

ComponentOne Studio for Silverlightは、グリッド、チャート、ゲージ、ドッキング、メニュー、ツリービュー、リッチテキストボックス、スケジューラ、レイアウトパネル、組織図などの60以上のコントロールをVisual Studioツールボックスに追加します。これらのコントロールは、標準のツールボックスにない機能を補完するだけでなく、既存のコントロールにない機能を追加し、さらに高いパフォーマンスを提供します。 多種多様なSilverlightコントロール

12以上の本格的なテーマ

Office Blue、Office Black、Office Silver、Expression Dark、Expression Light、Whistler Blue、Rainer Orange、Shiny Blue、Bureau Black、Metro(Cosmopolitan)などの12種類以上のテーマを使用して、美しいSilverlightアプリケーションを作成できます。これらのテーマは、ComponentOne Studioのコントロールだけでなく、標準コントロールにも適用されます。 12以上の本格的なテーマ

スタイル設定を容易にするClearStyle技術

ClearStyle技術は、XAMLコントロールのスタイル設定に新しいパラダイムをもたらします。ClearStyleは、コントロールのテンプレートを変更しなくても、簡単にコントロールの色を変更できるようにします。Visual Studioでいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、プロのデザイナがExpressionBlendで作業するように、コントロールに独自の外観をすばやく設定できます。 スタイル設定を容易にするClearStyle技術

カスタマイズ可能なコントロールテンプレート

テーマとClearStyleでは十分でない場合は、用意されているあらゆるスタイルとテンプレートを自由にカスタマイズできます。コントロールのテンプレートやスタイルは、Expression BlendまたはVisual Studioにインポートできます。 カスタマイズ可能なコントロールテンプレート

タッチ操作に対応

Windows 8では、PCに加えてタブレットにも対応しました。Studio for Silverlightはスライド操作によるスクロールに対応(一部のコントロールではピンチ操作によるズームにも対応)しているため、タブレット端末でもデスクトップアプリケーションを快適に操作することができます。 タッチ操作に対応

エンジンに依存しないレポーティング

革新的なReportViewerコントロールやPdfViewerコントロールを使用して、Silverlightアプリケーションにレポート表示機能を追加できます。C1Report、Microsoft SQL Server Reporting Servicesなど、様々なレポートツールで生成されたHTMLおよびPDFベースのレポートを表示できます。 エンジンに依存しないレポーティング

MVVMのサポート

ComponentOne Studio for Silverlightコントロールを含むアプリケーションで、使い慣れたMVVM(Model-View-ViewModel)デザインパターンをそのまま使用できます。どのコントロールも、依存プロパティ、完全なXAML構成、高度なSilverlightデータ連結技術をサポートし、最先端を行くMVVM開発者にも対応します。 MVVMのサポート

20以上のカルチャに対応するローカライズ

ComponentOne Studio for Silverlightには、以下のカルチャのアプリケーションをローカライズするために必要なリソースファイルが含まれます。
  • アラビア語 (ar)
  • チェコ語 (cs)
  • デンマーク語 (da)
  • オランダ語 (nl)
  • フィンランド語(fi)
  • フランス語 (fr)
  • ドイツ語 (de)
  • ギリシャ語 (el)
  • ヘブライ語 (he)
  • イタリア語 (it)
  • 日本語 (ja)
  • ノルウェー語 (no)
  • ポーランド語 (pl)
  • ポルトガル語 (pt)
  • ルーマニア語 (ro)
  • ロシア語 (ru)
  • スロバキア語 (sk)
  • スペイン語 (es)
  • スウェーデン語 (sv)
  • 中国語 (zh)
  • 繁体字中国語 (zh-Hant)
  • 簡体字中国語 (zh-Hans)
20以上のカルチャに対応するローカライズ

Silverlight Analytics Frameworkのサポート

Silverlight Analytics Frameworkは、SilverlightアプリケーションにWeb分析機能を統合して、すべてのユーザー操作を追跡できるようにします。ComponentOne Studio for Silverlightのコントロールは、このオープンソースフレームワークをサポートし、有益な情報を分析プロバイダに渡すために必要なイベントハンドラを公開しています。Silverlightで分析サービスを使用して、ビジネスの目的や目標の達成度を測定できます。ComponentOne Studio for SilverlightコントロールをSilverlight Analytics Frameworkと組み合わせて使用すれば、オンラインでもブラウザ外実行でも、ユーザーがSilverlightアプリケーションで作業しながら何が行っているかを完全に把握できます。 Silverlight Analytics Frameworkのサポート

豊富な機能と小さなフットプリント

Silverlightではサイズが重要なので、できるだけサイズの小さなコントロールアセンブリで、できるだけ多くの機能を提供できるようにしています。そのために、必ずしも必要ではない高度な機能については、補助アセンブリとして提供しています。アセンブリのサイズが全体的に小さくなり、ダウンロード時間が長くなることを心配する必要がなくなります。さらに、XAPのサイズを30~70%削減できるツールとして、XapOptimizerを提供しています。 豊富な機能と小さなフットプリント

Expression Blendのサポート

ClearStyleやテーマから提供されるスタイル以外にも、Microsoft Expression Blendを使用して、ComponentOne Studio for Silverlightコントロールを完全にスタイル設定できます。コントロールテンプレートを完全にカスタマイズして、個性的なインターフェイスにすることができます。 Expression Blendのサポート

WPFでのコードの再利用

ComponentOne Studio for Silverlightコントロールは、WPFコントロールと同じコードベースを共有します。このため、コードの多くを共有しながら、機能豊富なWebアプリケーションとデスクトップクライアントアプリケーションを構築できます。その結果、開発時間とコストが削減され、複数のプラットフォームのコントロールについて学習する必要もなくなります。 WPFでのコードの再利用

収録コンポーネント

Studio for Silverlightをもっとよく知る

Webサイトでは、トライアル版やデモアプリケーションを公開しています。次は直接ご自分の環境でお試しください。また、本製品に関するお問い合わせは、随時ツール事業部営業部にて受け付けております。