.NETアプリ開発で活用できるオールインワン

さまざまなプラットフォームでの開発に

「ComponentOne Studio Enterprise」は、ComponentOne Studioが提供するWindowsフォーム、WPF、UWP、Xamarin、ASP.NET Web Forms/MVC、Silverlightの7つのエディションをすべて収録しています。エディションごとにデータグリッドやチャート、帳票、コンテナやナビゲーションといったUI部品などを提供しているため、Enterpriseが1つあれば、Windowsデスクトップ、Web、UWP、モバイルといった、多種多様なアプリケーションの開発が可能です。小規模な社内システムから大規模エンタープライズシステムまで、あらゆるニーズに柔軟に対応し開発生産性を大幅に向上させます。

最新の開発環境やテクノロジーに対応

統合開発環境やOSのアップデート、あるいはWPF、UWP、Xamarinといった新しいフレームワークが登場するごとに新たなエディションを追加収録するなど、常に最新技術に迅速に対応しています。サブスクリプション契約時に収録されていたエディションだけでなく、契約期間中にリリースされたエディションも無償でご利用いただけるため、新しい環境が登場しても安心です。

利用形態やビジネスの変化への迅速な対応、新テクノロジーへの移行や導入を見据え、将来性のあるEnterpriseの選択が最適です。

画像「メジャーバージョンアップの推移」

年3回のメジャーリリースで最新機能を利用できる

ComponentOne Studioのサブスクリプションサービスは、基本的な開発サイクルとして年3回のメジャーリリース(V1、V2、V3)を行っています。各エディションごとに、その時必要とされるニーズに合わせた新しいコンポーネントの追加や機能強化を図っています。サブスクリプションサービス契約期間中のお客さまは、常に最新機能をご利用いただくことが可能です。

画像「開発サイクル」

直近にリリースされた新機能はこちら

開発者応援価格でトータルコストを抑える

Windowsデスクトップアプリ、Webアプリ、UWPアプリ、モバイルアプリの開発に対応した、幅広いニーズを満たすエディションを収録しています。そのため、複数の開発ツールを揃える必要がありません。より多くのお客さまが導入しやすいよう、単体エディションを1つずつ揃えるよりもお得な価格に設定しています。

また、複数ライセンスの導入をお考えのお客さまは、Enterpriseがさらにお得です。3/5/10のユーザーライセンス(イニシャル)をお求めやすい価格にてご用意しております。詳しくは価格表をご確認ください。

価格表を見る

画像「ComponentOne の価格」
ComponentOne Studio Enterprise 3ライセンスパック 388,800円
20% OFF!
ComponentOne Studio Enterprise 5ライセンスパック 607,500円
25% OFF!
ComponentOne Studio Enterprise 10ライセンスパック 1,053,000円
35% OFF!
ComponentOne Studio Enterpriseバージョンアップ価格
詳しく見る
129,600円
20% OFF!

Enterprise限定の特別な機能を提供

Studio Enterpriseユーザーさまのみご利用いただける限定コントロールを提供しています。デスクトップアプリ開発用のエディションではBIツールに最適なピボットテーブルコントロール「FlexPivot」や「OLAP」、Webアプリ開発用エディションではグリッドの入出力やチャート/ゲージの入出力が可能な「Web APIサービス」など、今後この特別な機能はますます充実していく予定です。

画像「OLAP」

各機能の詳細については、コントロール一覧ページよりご確認ください。
コントロール一覧を見る

学習期間、開発期間の短縮に貢献

すべてのエディションで豊富なサンプルを提供しているため、初期導入の学習コストや開発にかかる期間を短縮することができます。複数エディションが必要な方はもちろん、新しいテクノロジーへの移行や学習にもお役立ていただけます。

豊富なコンポーネントで多様な開発に対応

各エディションには、業務アプリケーションに必要な機能を満たすコンポーネントを数多く収録しています。たとえば、基幹データの表示や編集には対話性の高いUIを備えたグリッドコンポーネント、帳票システムにはグラフィカルなテンプレート設計の帳票コンポーネント、販売傾向などの分析にはデータを視覚化するチャートコンポーネントが最適です。案件ごとに要求に合ったコンポーネントを使用することができるので、多様なシステム開発に活用することが可能です。

画像「コンポーネント種」

各エディションの収録コントロールはこちら
各エディションの詳細はこちら

コーディング作業を軽減して素早い開発を支援

収録コンポーネントは、どれも豊富なプロパティやメソッドを備えています。直観的にプロパティ値をセットするためのスマートタグやエディタ、ウィザードやデザイナといったGUIもあわせて提供していますので、高度な機能でも簡単に実装することができ、コーディング作業を大幅に軽減します。さらに、サブスクリプションサービス契約期間中は日本語によるE-mailサポートを何度でもご利用いただけます。E-mailサポートは3営業日以内にご回答を差し上げており、迅速な開発を支援します。

グレープシティ技術者に聞く ~テクニカルサポート編~

定額制サービスで安心のサポート

リーズナブルな価格で充実したサービスを一定期間ご利用いただける、定額制のサブスクリプション方式を採用しています。初めてお求めの場合は購入月から最短で12か月間、最長で16か月間のサブスクリプション契約期間が設定されます。契約期間中は、新しく追加されたコンポーネントや不具合修正、メールによる技術サポートを利用できます。

サブスクリプションのメリットを見る

契約期間とリニューアルについて

ユーザーライセンスで柔軟な開発環境を

ユーザーライセンス体系を採用しており、製品の使用は「ユーザー登録」を行った1人の開発者(製品の利用者)に限定されます。1ユーザーライセンスにつき上限3台のPCにインストールができるので、さまざまな環境での開発やメンテナンスが柔軟に行えます。

画像「ユーザーライセンス」

ライセンスについて

収録エディション

Studio for WinformsComponentOne Studio for WinForms

Windowsフォームでの業務アプリケーション開発に最適な.NET Frameworkコンポーネントセットです。データグリッドやチャート、帳票に加え、コンテナやナビゲーションといったユーザーインタフェース、データ連携のためのファイル出力機能などのコンポーネントを提供します。

詳しく見る

Studio for WPFComponentOne Studio for WPF

WPFアプリケーション開発用コンポーネントセットです。チャートやゲージといったデータ視覚化、スプレッドシート、帳票作成、PDFやMS Wordのファイル出力、さらにはUI仮想化による優れたパフォーマンスを実現するグリッド、コントロールの外観を簡単に設定するClearStyleなど、標準コントロールにない数々の機能を提供します。

詳しく見る

Studio for UWPComponentOne Studio for UWP

UWPアプリケーション開発用コンポーネントセットです。デスクトップからタブレット、ウェアラブルデバイスまで、すべてのWindows 10デバイス上で動作し、帳票、グリッド、チャートといった業務アプリケーションで要求される機能を満たすコンポーネントのフルセットを提供します。

詳しく見る

Studio for XamarinComponentOne Studio for Xamarin

Xamarinプラットフォームのモバイルアプリケーション開発用コンポーネントセットです。ComponentOne Studio for Xamarinは、業務アプリに必要とされるチャート、ゲージ、グリッド、カレンダーなどのユーザーインタフェースを、Xamarinプラットフォームのアプリ開発で利用できます。

詳しく見る

Studio for ASP.NET MVCComponentOne Studio for ASP.NET MVC

ASP.NET MVCアプリケーション開発用のコンポーネントセットです。グリッド、チャート、入力などのASP.NET MVCコンポーネントや、Excelなどのファイル出力機能を提供。HTML5、CSS3、ECMAScript 5といった最新のWeb技術で、サーバー側とクライアント側の統一的な開発を行うことができます。

詳しく見る

Studio for ASP.NET Web FormsComponentOne Studio for ASP.NET Web Forms

Ajax、jQuery、HTML5/CSS3、SVGなど最新のWeb技術に対応したASP.NETコンポーネントセットです。幅広いカテゴリの機能を備えたASP.NETコントロールを収録しています。

詳しく見る

Studio for SilverlightComponentOne Studio for Silverlight

データグリッドやチャート、帳票ビューワ、スケジュールに加え入力フォーム開発に適したコンポーネントやiPhoneのカバーフローのようにコンテンツを視覚化して表示できるコンポーネントなど多彩に収録しています。これからSilverlight開発を始める際に大活躍する製品です。

詳しく見る

Studio Enterpriseをもっとよく知る

Webサイトでは、トライアル版やデモアプリケーションを公開しています。次は直接ご自分の環境でお試しください。また、本製品に関するお問い合わせは、随時ツール事業部営業部にて受け付けております。