Sparkline for WPF

Sparkline for WPFは、単純なデータを視覚化する軽量なチャートコントロールを提供します。データテンプレートやダッシュボードタイル上といった小さな領域でデータを視覚化するのに最適です。

機能/特長

3つのグラフ種別をサポート

C1Sparklineコントロールは、棒グラフ、折れ線、勝敗の3つのグラフ種別をサポートしています。棒スパークラインは、値を棒グラフとして描画します。折れ線スパークラインは、値を折れ線グラフとして描画します。勝敗スパークラインは、データ点を同じサイズで表示します。負の点は軸の下に、勝ちの点は軸の上に表示します。

画像「3つのグラフ種別をサポート」

マーカーポイントを色付きで表示

スパークラインは、マーカーポイントを色付きで表示することができます。最大、最小、負、最初、最後のポイントの色をそれぞれ設定できます。

画像「マーカーポイントを色付きで表示」

柔軟性の高いデータ連結

数値データの列挙可能コレクションにC1Sparklineを連結します。スパークラインにコードでデータを入力したり、XAMLでデータ連結を設定することができます。

画像「柔軟性の高いデータ連結」

日付軸のサポート

C1Sparklineコントロールでは、水平軸と垂直軸がサポートされるだけでなく、X座標となる一連の日付を指定することにより、日付軸を設定することができます。