Chart for WPF

Chart
Chart for WPFでは、豊富なスタイル設定要素やアニメーション効果を付与したプロフェッショナルなグラフを容易に作成できます。広範なグラフ種別、柔軟なデータ連結、高速で強力なレンダリング、豊富なスタイル設定要素など、最先端を行くさまざまな機能をサポートします。

機能/特長

豊富なグラフ種別

棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、エリアグラフ、散布図などの標準的な2D チャートタイプから、ガントチャート、ポーラチャート、HiLoチャート、ローソク足チャートなどの高度なチャートタイプまで多彩なグラフ種を用意しています。さらに、ドーナツグラフ、リボングラフ、棒グラフなどの3D チャートも数多くサポートします。

さらに詳しく見る

画像「豊富なグラフ種別」

柔軟なデータ連結

C1Chartコントロールはデータテーブル、ビジネスオブジェクトのコレクション、または XMLファイルと連結することができます。チャート全体にデータソースを設定したり、チャート内のデータ系列ごとにデータソースを設定することができます。データ系列、軸、およびプロットエリアを含むチャート構造全体を XAMLで宣言的に連結することで、MVVMなどの一般的なデザインパターンを利用できます。

画像「柔軟なデータ連結」

グループ化とデータ集計

C1Chartコントロールには、グループ化とデータ集計の機能が備わっています。プロパティを設定するだけで、データの集計結果をチャートに表示することができます。合計、平均、最大、最小、分散、標準偏差などが用意されています。

画像「グループ化とデータ集計」

マーカーとラベル

チャート要素の相対的なデータ値や任意のUI要素をラベルやツールチップとして表示できます。ラベルまたはツールチップは使用するデータテンプレートを定義して、詳細にカスタマイズできます。

画像「マーカーとラベル」

パフォーマンスの最適化

OptimizationRadiusプロパティを設定して、大量のデータに対する組み込み最適化機能を有効にすると、パフォーマンスをさらに向上させることができます。これは、同じデータポイントや近接したデータポイントをレンダリングしないようにして、プロットエリアがあまり混雑しないように最適化する技術です。また、大規模データセットには、折れ線グラフや散布図を用い、RenderModeプロパティをFalseに設定することで超高速でレンダリングすることができます。

画像「パフォーマンスの最適化」

インタラクティブ操作とアニメーション

マウスとキー入力の組み合わせにより、グラフのズームイン・ズームアウト、スケーリング、スクロールを実現し、ユーザー・エクスペリエンスを向上させます。また、C1Chartコントロールでは、WPFに備わっているダイナミックなアニメーション機能を利用できます。グラフの更新時にデータをフェードインさせたり、ユーザーのマウス操作に応じてデータシンボルをズームアップするなど、訴求力の高いデータ表示が可能です。

画像「インタラクティブ操作とアニメーション」

複数のチャート領域

複数のプロット領域を垂直方向または水平方向に重ねて表示します。どのデータ系列をどのプロット領域に表示するかを設定するだけで、軸/凡例/タイトルなどの共通のパーツを複数のチャートで共有して、可読性を向上させて複数のチャートを解析することができます。

画像「複数のチャート領域」

照明や影による視覚効果

照明効果を適用した境界線を作成したり、プロット要素の背後にソフトな影やハードな影を追加できます。

画像「照明や影による視覚効果」

その他の機能

データ点の選択

データコレクションのビューであるICollectionViewをデータソースとした場合、データごとに選択処理を行うことができます。データ点の選択方法やその外観、データ点に添付するラベルの外観を指定できます。 データ点の選択

オーバーレイ表示

レイヤのコレクションを使用してチャート上の指定した座標にUI要素を表示します。この機能を使用すると、簡単にラベル、吹き出し、マーカーをプロット領域上に表示することができます。 オーバーレイ表示

複数グラフの組み合わせ

複数の異なるグラフ種を組み合わせて1つのグラフを作成できます。各データ系列に ChartTypeプロパティを設定するだけで、必要な組み合わせを作成できます。 複数グラフの組み合わせ

軸のカスタマイズ

対数軸や複数軸のサポート、スクロールバーの表示など、様々な軸のオプションを提供します。軸のコレクションに追加するだけで、グラフの上下左右に複数の依存軸を表示できます。 軸のカスタマイズ

傾向線

多項式、指数、対数、累乗、フーリエ、平均、最小、最大などの傾向線を自動的に表示できます。 傾向線

実行時のチャートエディタ

C1Chartには、実行時にさまざまな方法でチャートのプロパティを変更できるように、特別なエディタが用意されています。エンドユーザーは、チャートプロパティ、軸プロパティ、凡例プロパティ、データラベル、およびツールチップを編集することができます。 実行時のチャートエディタ

画像のエクスポート

1つのメソッドを実行するだけで、チャート画像を直接Bmp、Png、Gif、Jpeg、Tiff、Wmpの各種形式でエクスポートすることができます。 画像のエクスポート

組み込みのテーマと豊富なカラーパレット

12種類の組み込みテーマと22種類のカラーパレットが用意されています。テーマはチャート領域全体に適用され、パレットはチャート要素(棒、点、円グラフのセグメントなど)にのみ適用されます。テーマをさまざまなパレットと組み合わせることで、多種多様な組み合わせの外観を簡単に作成できます。 組み込みのテーマと豊富なカラーパレット

柔軟な凡例の作成

一つのプロパティを介してチャートに接続し独立した凡例を表示できるC1ChartLegendコントロールを提供します。これにより、柔軟な凡例のスタイリングと位置設定が可能です。 柔軟な凡例の作成

XBAP サポート

C1ChartはWPFの展開機能と完全な互換性があります。XBAP展開は、Windowsへインストールすることなく、フル機能のアプリケーションをクライアントの(サポートされた)ブラウザに配信することを可能にします。 XBAP サポート