Chart3D for WPF

Chart3D
Chart3D for WPFは、等高線レベルや領域区分のオプションをつけてプロ仕様の3D面グラフを作成することができます。任意の角度への回転や、凡例の表示にも対応します。

機能/特長

グラフ種別

6個の異なるグラフ種別に対応します。面グラフとワイヤーフレームのいずれかを選択でき、さらに等高線レベルと領域区分の有無を設定できます。

画像「グラフ種別」

Direct3D描画

DirectX描画により、非常に高いチャート描画パフォーマンスを発揮します。C1Chart3DコントロールはDirect3D描画モードをサポートし、グラフィックカードでサポートされたハードウェア・アクセラレーションの機能を活用できます。DirectX描画を使用することで、パフォーマンスを犠牲にすることなく、より多くのデータをより高速に表示することができます。

画像「Direct3D描画」

回転と角度の設定

グラフの回転と方位角を設定することが可能です。

画像「回転と角度の設定」

2D投影表示(天井面と床面)

温度マップのような平面(2次元)3Dグラフを簡単に作成できます。また、プロットキューブの天井面または床面に等高線レベルと領域区分を表示します。3Dモデルに加えて2D表現を表示することができます。

画像「2D投影表示(天井面と床面)」

その他の機能

凡例の表示

領域区分面グラフに対して凡例を表示します。凡例の位置と、凡例ラベルの方向/配置をカスタマイズすることが可能です。 凡例の表示

軸ラベルのカスタマイズ

軸ラベルのレイアウトや書式をカスタマイズすることができます。 軸ラベルのカスタマイズ