C1Word Library for WinForms

C1Word Library
C1Word Library for WinFormsは、デスクトップアプリケーションにおけるMicrosoft Word・RTFドキュメントの作成/活用をサポートします。

機能/特長

Wordドキュメントの読み込みと保存

  • DOCXおよびRTFファイルの読み込みと保存
  • 複数ファイルを読み込み、1つのドキュメントとして保存
  • さまざまな用紙サイズと向きでドキュメントを作成

Wordドキュメントの読み込みと保存

簡単なオブジェクトモデル

C1Word Library for WinFormsは機能豊富ですが、簡単にプログラムできるオブジェクトモデルを提供します。高度なプロパティとメソッドをすべて提供するC1WordDocumentクラスだけを使用して、Microsoft WordおよびRTFドキュメントの両方を作成できます。

簡単なオブジェクトモデル

テキスト、表、グラフィック要素の追加

C1Word Library for WinFormsでは、マルチフォントおよび各フォント設定、ブックマーク、ハイパーリンクなどをサポートします。

  • サポートするおもなドキュメント要素
    画像、テキスト、段落、グラフィックス、引用文、縦書き/横書き、表
  • テキストの書式設定
    フォント、フォントの色、配置、囲み線
  • サポートする図形
    Arc(円弧)、Beizer(ペジェ曲線)、Ellipse(楕円)、Line(直線)、Pie(扇形)、Polygon(多角形)、PolygonLine(折れ線)、Rectangle(四角形)
  • ドキュメント内を移動するためのブックマークと、別のURLに移動するためのハイパーリンク

テキスト、表、グラフィック要素の追加

メタファイルの描画と再生

Windowsアプリケーションでは、Wordファイルにメタファイルを追加、描画および再生させることができます。C1Word Library for WinFormsには、メタファイル画像(.wmf、.emf)を取り込んでドキュメントに追加する独自のDrawMetafileメソッドが組み込まれています。

メタファイルの描画と再生

目次の追加

C1Word Library for WinFormsでは、テキストと見出しを含むドキュメントに目次 (TOC) を追加できます。目次を使用して、ドキュメント内の別のページに移動することも可能です。