ComponentOne製品は、2017年7月26日にメジャーバージョン「2017J v2」をリリースしました。今回のリリースでもComponentOne Studio、Wijmoともに、お客さまのニーズに合わせた新しいコンポーネントの追加や機能強化を図っています。
本ページでは、ComponentOne Studio 2017J v2の新機能を一部、ハイライトとして公開しております。

[ 新機能ハイライト ]



ComponentOne Studioの新機能


ComponentOne Studio for Xamarinのリリース

Xamarin プラットフォーム用モバイルUIコンポーネントセット

ComponentOne StudioがXamarinプラットフォームに対応しました!

今回リリースする「ComponentOne Studio for Xamarin」は、これまでグレープシティが開発・販売していたモバイルアプリ開発用のコントロールセット「Xuni」を新アーキテクチャで再構築したXamarin専用のコントロールセットです。

Xamarinネイティブのアーキテクチャで開発したコントロールは、Xamarin.Formsを利用したUWPアプリ開発でも利用可能になりました。また、Android、iOSのネイティブコンポーネントを利用する構造のXuniに比べ、パフォーマンスが向上しています。

画像「Visual Studio、Xamarin対応」
クロスプラットフォームアプリ開発

ComponentOne Studio for Xamarinには、グリッド(FlexGrid)、チャート(FlexChart/FlexPie)、入力(Input)、ゲージ(Gauges)、カレンダー(Calendar)、コレクションビュー(CollectionView)が含まれ、各コントロールは、Xamarin.Forms(Android/iOS/UWP)、Xamarin.Android、およびXamarin.iOSの各フレームワークに対応しています。

※ComponentOne Studio Enterpriseユーザー様は、ご契約中のサブスクリプションでComponentOne Studio for Xamarinを利用できます。

画像「Xamarin.Forms用各種コントロール」
Xamarin.Forms用各種コントロール

ComponentOne Studio for Xamarinを詳しく見る

各エディションの主な新機能 一覧

ComponentOne Studio for WinForms

不具合修正等、すべての更新履歴はこちら

ComponentOne Studio for WPF

不具合修正等、すべての更新履歴はこちら

ComponentOne Studio for UWP

不具合修正等、すべての更新履歴はこちら

ComponentOne Studio for ASP.NET MVC

不具合修正等、すべての更新履歴はこちら



ComponentOne Studioの新機能


レポート&ドキュメント

PDFDocumentSource for WinForms/WPF/UWPのリリース

PDFDocumentSourceは、PDFドキュメントの読み込み、印刷、および保存を行うPDFコンポーネントです。 また、FlexReport、C1Report、PDFおよびSSRSドキュメントなどのレポートおよびドキュメントタイプをロードできるクロスプラットフォームビューアである、FlexViewerでPDFをロードおよび表示するための主要コンポーネントとしても機能します。

  • わずか数行のコードで簡単にPDFを読み込み、表示
  • Adobe Readerは不要
  • クロスプラットフォームサポート:WinForms、WPF、UWPで同じコードが最小限の違いで機能
  • 外部依存関係のない.NETアプリケーション
  • 埋め込みフォントのサポート(CFFフォントにはわずかな制限があります)
  • FlexViewerでのテキスト検索と選択、コードからのテキスト検索
  • ファイルまたはストリームからPDFをロード
  • PDF/A準拠のドキュメントをサポート
  • 印刷方向(縦/横)の設定
  • FlexViewerまたはコードから印刷オプション付きのPDFを印刷
  • FlexViewerまたはコードからHTMLおよびイメージ形式(TIFF、BMP、PNG、JPEG、GIF)にPDFをエクスポート
  • FlexViewerでのアウトラインとハイパーリンクを使用したナビゲーション
画像「WindowsフォームでのPDF表示」
WindowsフォームでのPDF表示


FlexViewer for WPFの正式リリース

2016J v3(2017年1月)にベータ版としてリリースしましたが、今回正式版としてWPFエディションに収録されます。コードレスのFlexReportデザイナでFlexReportsを設計し、WPFアプリケーションで表示することができます。

FlexViewer for WPFをもっと見る



FlexViewerの機能強化

PDFビューワー機能の追加

FlexViewerのPDFビューワー機能が正式版として収録されます。また、PDFビューワーで文字列を検索できるようになりました。

画像「FlexViewer for ASP.NET MVC:PDFビューワー機能の追加」
FlexViewer for ASP.NET MVC:PDFビューワー機能の追加

ビューワーツールの追加

レポートビューワーとPDFビューワーに、次の機能が追加されました。

  • ページを回転して表示
  • 拡大鏡
  • マウスをドラッグしてズーム
画像「FlexViewer for ASP.NET MVC:ビューワーツールの追加」
FlexViewer for ASP.NET MVC:ビューワーツールの追加

FlexViewer for ASP.NET MVCをもっと見る



FlexReportの機能強化

FlexChartFieldの追加

WPF | WinForms | UWP

FlexChartFieldを使用すると、ユーザーはFlexChartコントロールをFlexReportに埋め込むことができます。 FlexChartは50種類以上のチャートの種類とプロパティをサポートしており、FlexChartFieldは速度を大幅に向上させ、データの視覚化の可能性を広げます。



データ視覚化

FlexChartの機能強化

TreeMapコントロールの追加

WPF | WinForms | UWP | ASP.NET MVC

TreeMapコントロールは、Office 2016で追加されたツリーマップを作成、データを視覚的に分かりやすく表現することができます。TreeMapコントロールは、FlexChartに含まれます。

画像「TreeMapコントロール」
TreeMapコントロール


GanttViewの機能強化

ユーザーより要望のあった機能をいくつか追加しました。

  • 特定の日の背景色を設定するプロパティの追加(WPF | WinForms
  • 印刷ダイアログに凡例と表示タブを追加しました(WPF
  • 新しいカスタム印刷スタイルを追加しました(WPF


入力&編集

CalendarView for WinFormsの正式リリース

2017J v1(2017年5月)にベータ版としてリリースしましたが、今回正式版としてWinFormsエディションに収録されます。CalendarView for WinFormsは、パフォーマンスに優れたカレンダーコントロールです。

  • 年月変更のクイックナビゲーション
  • 単一または範囲の日付選択
  • キーボードナビゲーションサポート
  • 複数月の表示
  • 太字で表示する日付の設定(毎年の設定も可)
  • 日付の無効化
  • 週番号の表示
  • テーマの使用、各要素のスタイル設定
画像「CalendarView:複数月の表示」
CalendarView:複数月の表示

CalendarViewコントロールをドロップダウンに表示する柔軟な日付入力コントロールであるDateEditorにより、日付の入力と選択が高速になります。 この新しいコントロールは、C1Inputアセンブリからの古いDateEditよりも優れたパフォーマンスと外観を備えていますが、同様のAPIを備えています。 新しいCalendarViewコントロールとDateEditコントロールは、日本語の和暦によるカレンダーおよびその他の非西暦のカレンダーをサポートします。

画像「DateEditコントロール」
DateEditコントロール


MultiAutoComplete for ASP.NET MVCのリリース

MultiAutoCompleteは、キーボード操作で複数の項目を素早く入力することができるコントロールです。入力候補リストの表示、全候補リストの表示、項目の選択/削除などの機能を備えます。

画像「MultiAutoComplete for ASP.NET MVC」
MultiAutoComplete for ASP.NET MVC


Inputの機能強化

Input for WinFomrsのC1ComboBoxコントロールで部分検索をサポートしました。

画像「C1ComboBoxコントロールの部分検索」
C1ComboBoxコントロールの部分検索

Input for WinFormsをもっと見る



グリッド&データ管理

FlexGridの機能強化

RowDetailsTemplateの追加

WPF | UWP

多くのXAMLデータグリッドに共通するRowDetailsTemplate機能がFlexGridに追加され、行の詳細セクションを表示できるようになりました。コードビハインドを必要とせずにXAMLからRowDetailsTemplateを設定できます。

画像「FlexGridのRowDetailsTemplate機能」
FlexGridのRowDetailsTemplate機能


ナビゲーション&レイアウト

TreeView for ASP.NET MVCのリリース

TreeViewコントロールは、データを階層的に表示します。ノードの折りたたみ、ノードの編集、チェックボックスによる選択、ドラッグによる移動などの機能を備えます。

画像「TreeView for ASP.NET MVC」
TreeView for ASP.NET MVC


ユーティリティ

Office 2016テーマのサポート

Themes for WPFでOffice 2016のテーマ(カラフル、黒、濃い灰色、白)をサポートしました。Microsoftの標準コントロールを含むWPFアプリケーション全体に設定することができます。

Themes for WPFをもっと見る



プロジェクトテンプレートの追加

「メニューテンプレート付きグリッド」や「ドッキング」など、いくつかのプロジェクトテンプレートを追加しました.FlexGridとDockingコントロールを使ってWPFアプリケーションの作成を簡単に始めることができます。

画像「プロジェクトテンプレート」
プロジェクトテンプレート

ComponentOne Studio for WPFをもっと見る