ComponentOne製品は、2016年9月14日にメジャーバージョン「2016J v2」をリリースしました。今回のリリースでもComponentOne Studio、Wijmo、Xuniすべての製品において、お客さまのニーズに合わせた新しいコンポーネントの追加や機能強化を図っています。
本ページでは、2016J v2の新機能を一部、ハイライトとして公開しております。

[ 新機能ハイライト ]



ComponentOne Studioの新機能


新チャートコンポーネントのリリース

FlexChart for UWP/WPF/WinForms

2016J v1(2016年5月)にベータ版としてリリースしたFlexChartがUWP/WPF/WinFormsの各エディションで正式版として登場します(MVCWijmoXuniでは既にリリース)。

FlexChartの特長

縦棒、横棒、折れ線、面、散布図などの一般的なグラフやロウソク足、HLOCチャートなどの専門グラフを組み合わせた表示を実現する「FlexChart」と、円グラフに特化し、単一のデータリストをより簡単に円グラフやドーナツグラフで表すことができる「FlexPie」で、データ視覚化をサポートします。

  • 柔軟性: FlexChartは、製品のトレードマークでもある柔軟性を備えており、主要な機能のセットを元にして、あらゆる要件に合わせてカスタマイズすることができます。
  • 高速:FlexChartは、従来のC1Chartコンポーネントよりも高速に実行されるように設計されています。
  • 小さなフットプリント:FlexChartアセンブリは、約200kb前後とコンパクトです。
  • 主要な機能のセット:FlexChartは、世界的に有名なチャート製品にみられる多くのチャート形式およびチャート要素を備えています。
  • ユニバーサルAPI:FlexChartはオブジェクトモデルが共通化されており、追加の学習をほとんど必要とせずにプラットフォーム間でコーディングすることができます。

WPF FlexChart's Financial Chart features

FlexChart for WinForms
FlexChart for WPF
FlexChart for UWP



C1Wordライブラリのリリース

C1Word Library for UWP/WPF/WinForms

C1Wordライブラリは、デスクトップアプリケーションでのMicrosoft Word・RTFドキュメントの作成/活用をサポートします。2016J v1(2016年5月)にベータ版としてリリースしましたが、今回正式版としてWinForms、WPF、UWPの各エディションに収録されます。

Add graphics and shapes with C1Word Library

C1Wordライブラリでは、マルチフォントおよび各フォント設定、ブックマーク、ハイパーリンク、メタファイル画像の表示、複数の用紙サイズ設定などをサポートします。

  • サポートするおもなドキュメント要素
    画像、テキスト、段落、グラフィックス、引用文、縦書き/横書き、表
  • サポートする図形
    Arc(円弧)、Beizer(ペジェ曲線)、Ellipse(楕円)、Line(直線)、Pie(扇形)、Polygon(多角形)、PolygonLine(折れ線)、Rectangle(四角形)


各エディションの主な新機能

ComponentOne Studio for WinForms

  • 新コンポーネントの追加
    • FlexChart for WinForms
    • C1Word Library for WinForms
    • Map(マップ)for WinForms ベータ版
    • TreeView(ツリービュー)for WinForms ベータ版

ComponentOne Studio for WPF

  • 新コンポーネントの追加
    • FlexChart for WPF
    • C1Word Library for WPF
    • GanttView(ガントビュー)for WPF ベータ版

ComponentOne Studio for UWP

  • 新コンポーネントの追加
    • FlexChart for UWP
    • C1Word Library for UWP
    • FlexReport for UWP
    • FlexViewer for UWP

ComponentOne Studio for ASP.NET MVC

  • ASP.NET Core 1.0正式版に対応
    ASP.NET MVCコンポーネントをLinux/macOS上で実行することができます。また、タグヘルパーにも対応し、HTMLタグのようなコードでビューを開発することができます。
  • クライアント側APIのインテリセンス
    JavaScriptでクライアント側処理を記述する際に、インテリセンス機能を使用して、ASP.NET MVCコンポーネントのクライアント側APIの入力候補を表示、選択できるようになりました。
  • スキャフォールディング
    従来のFlexGridとInputに加えて、新たにFlexChart、FlexSheetでもスキャフォールディング機能に対応しました。ウィザード画面でコントロールを設定して、コードを自動生成することが可能です。
  • 新コントロールの追加
    • InputDateTimeコントロール
  • FlexChartの新機能
    • アニメーション表示
    • タッチジェスチャー操作

Web API

  • Excelサービスの新機能
    • テンプレートファイルとデータからファイルを生成
    • ファイルの結合、分割
    • 文字列の検索、置換
    • 行/列の追加、削除、非表示
    • グループ化