ComponentOne製品は、2015年9月16日(水)にメジャーバージョンである「2015J v2」をリリースしました。今回のリリースでは、Windows 10やMicrosoft Edge、Visual Studio 2015などの新環境対応に加え、ComponentOne Studio、Wijmo、Xuniすべての製品において、お客さまのニーズに合わせた新しいコンポーネントの追加や機能強化を図っています。

新機能の概要は各製品の項目をご覧ください。

[ 新機能概要 ]


ComponentOne Studioの新機能

「ComponentOne Studio」の2015J v2では、新環境対応、Web APIの追加をはじめ、各テクノロジーで機能強化が行われています。

新環境対応

Visual Studio 2015、Windows 10サポート

「ComponentOne Studio」に収録されるすべてのコントロールは、Visual Studio 2015をサポートします。.NET Framework 4.6やASP.NET 5にも各コントロールで対応しています。また、Windows 10、Microsoft Edgeでの動作も2015J v2でサポートしています。

Web APIの追加

※Web APIは、ComponentOne Studio Enterpriseユーザー様のみご利用いただけます。

Web APIサービスは、Studio for MVC用のファイル入出力機能を提供します。Web APIのImageサービスではグラフ、ゲージを各種タイプの画像ファイル(pdf, jpg, bmp, gif, png, tiff)に出力することができます。また、Excel入出力サービスではFlexGridコントロールでExcelファイル(*.xlsx, *.xls, *.csv)のインポート/エクスポートが行え、Excelファイル出力時にはヘッダーや書式を含むデータはもちろん、グループ化などのレイアウト、スタイルが保持されます。

Studio for WinFormsエディション

日本仕様への対応強化

「Input for WinForms」で、和暦表示やフリガナ取得など、日本仕様への対応強化を行いました。

  • C1DateEdit:和暦表示のサポート
    • 省略形の和暦の表示(平/昭/大/明、H/S/T/M)
    • 独自に定義した和暦のサポート
    • 編集時・表示時それぞれで書式の切り替え
    • スピン操作による年号の切り替え
  • C1TextBox:フリガナ取得機能
    • 全角および半角カタカナ、ひらがなの指定
    • フリガナの挿入位置の指定(追記/上書き)
  • C1TextBox:正規表現によるマスク書式のサポート
    • 例)"[\J]{0,5}":ひらがな以外の入力を5文字まで許可

BarCodeコントロールの追加

「BarCode for WinForms」は、標準的なバーコードに加えQRコードなどの2次元バーコードに対応するバーコードコントロールです。30種類以上のバーコードタイプをサポートします。

サポートするバーコード種:
Code 39, Code 39x, Codabar, Code 128A, Code 128B, Code 128C, Code 128 Auto, Code 2 of 5, Code 93, Code25intlv, Code39, Code49, Code93x, DataMatrix, EAN 13, EAN 8, EAN128FNC1, IntelligentMail, JapanesePostal, Matrix 2 of 5, MicroPDF417, MSI, Pdf417, PostNet, QRCode, RM4SCC, RSS14, RSS14 Stacked, RSS14 Stacked Omnidirectional, RSS14 Truncated, RSS Expanded, RSS Expanded Stacked, RSS Limited, UCC/EAN-128, UPC A, UPC E0, UPC E1

BarCodeコントロールの追加

C1Reportデザイナの機能強化

「Reports for WinForms」のC1Reportデザイナで以下の機能が追加されました。

  • グラフフィールドにてサポートするグラフ種にレーダー、ポーラ、ヒストグラム、ステップチャートが追加され、帳票作成時のデータ視覚化が強化されました。
  • 新しいC1BarCodeコントロールを元にしたバーコードフィールドが追加(※)され、30種類以上のバーコード種を出力できるようになりました。
  • VBScriptエディタにてインテリセンス表示機能とウィンドウ分割機能がサポートされ、より簡単にスクリプトを作成できるようになりました。
  • グラデーションフィールドにおいて、多くのお客さまからご要望をいただいていた角丸設定が可能になりました。
  • 既存のカスタムフィールドが直接C1Reportデザイナにアクセスできるようになりました。また、C1WPFReportsにおけるカスタムフィールドロード時のエラーを改善しました。
  • C1Reportデザイナのショートカットキーに「F7:スクリプトエディタの表示」と「F5/Shift+F5:プレビューモードの切り替え」を追加しました。

Report Previewコントロールの追加(Beta版)

「ReportPreview for WinForms」は、C1ReportとSSRSReportで作成したレポートを表示します。サイドバーとリボンはトレンドのデザインを活かしたモダンなUIを提供します。ExcelやPDFなどへのファイル出力、ページ設定や印刷レイアウトの設定といった印刷機能、プレビュー時のズーム、ツールチップ表示、検索など、ReportPreviewは帳票印刷機能の開発期間の削減に貢献します。

Report Previewコントロールの追加

Ribbon for WinFormsの機能強化

「Ribbon for WinForms」で各種UIの改善が行われ、以下の動作が可能になりました。

  • VisualStyleに関わらず、Ribbonツールバー(ボタンなど)の境界線を表示するかどうかを指定
  • RibbonTextBoxにおいて、テキスト未入力時に表示するテキストを指定(ウォーターマーク)
  • ウィンドウのタイトルバー右側やリボン下部に対して、任意のRibbonツールバーボタンを表示
  • コンテキストメニューに対してRibbonツールバーボタンを表示
  • アプリケーションメニューをウィンドウ左上隅に表示

その他のWinForms機能強化

  • 「True DBGrid for WinForms」でグループ行に対して、グループフッタのみを表示することが可能になりました。
  • 「Input for WinForms」にC1ColorPicker、C1FontPickerコントロールが追加されました。
  • 「Scheduler for WinForms」でフォントサイズのスケーリング機能が実装され、タッチサポートが強化されました。
  • 「GanttView for WinForms」でデータ連結がサポートされました。

Studio for WPFエディション

FlexSheetをオフィシャルリリース

Beta版として提供していたエクセルライクなスプレッドシート「FlexSheet for WPF」が正式版として新たにリリースされました。「FlexSheet for WPF」は、Excelファイルのインポート/エクスポートをサポートし、WPFアプリケーションにMicrosoft Excelのようなスプレッドシート機能を提供します。

FlexSheetがオフィシャルリリース

「FlexSheet for WPF」では、以下のプロパティも追加されました。

  • EditOption:タブのコンテキストメニューで指定できる操作(削除、リネーム、隠すなど)を指定
  • ShowSingleTab:シートが1つしかない場合でもタブを表示するかどうかを指定
  • TabItemShape:タブの形状を指定

Ratingコントロールの追加

「Rating for WPF」は、口コミサイトなどでよく使われる星型のレーティングを表示するためのコントロールです。星の数や色、向き、塗りつぶし精度、インタラクティブなアニメーションを実装できます。

Ratingコントロールの追加

新しくなったThemes for WPF

「Themes for WPF」がMicrosoft Ribbonコントロールをサポートしました(.NET Framework 4.5)。Office 2013とCosmopolitanテーマは、現在すべての標準コントロールで動作しています。

その他のWPF機能強化

  • 「Scheduler for WPF」のC1Schedulerで各種キーボード操作が強化されました。また、グループ化時のDarkテーマをサポートしました。
  • 「Scheduler for WPF」のC1Calendarに複数の日付を選択する際の操作方法を指定(Extended/Multiple)するSelectionModeプロパティが追加されました。
  • 「FlexGrid for WPF」で表示されている行・列のコレクション内におけるインデックスを返す、RowCol.VisibleIndexプロパティが追加されました。

Studio for ASP.NET MVCエディション

ASP.NET 5 MVC 6への対応

ASP.NETの最新バージョンであるASP.NET 5 MVC 6にいち早く対応しました。従来バージョンのASP.NET 4.xも引き続きサポートされます。

Linux/Mac OS X対応(ASP.NET 5 MVC 6版)

本製品を使用して作成したASP.NET 5 MVC 6アプリケーションを、Linux/Mac OS Xで実行することができます。クライアント環境に加えてサーバー環境も複数のプラットフォームに対応しています。

※Web APIのASP.NET 5版は、.NET CoreおよびLinux/Mac OS Xでの実行には対応していません。

タグヘルパーのサポート(ASP.NET 5 MVC 6版)

ASP.NET 5 MVC 6の新機能であるタグヘルパーがサポートされました。タグヘルパーではHTMLタグのようなコードで実装することができ、可読性が向上するとともに、HTMLエディタの優位性をフルに活用できます。

タグヘルパーのコード(新しい記述方法)
<c1-input-date id="idcInputDate" value="@today" min="@minDate" max="@maxDate" value-changed="changeDate">
</c1-input-date>

HTMLヘルパーのコード(従来の記述方法)
@(Html.C1().InputDate().Id("idcInputDate").Value(today).Min(minDate).Max(maxDate).OnClientValueChanged("changeDate"))

FlexGridの機能強化

「FlexGrid for ASP.NET MVC」で以下の機能が追加されました。

  • 列ヘッダーをグループパネルにドラッグして、グループ化を行うことができるようになりました。

    グループ化

  • 列の表示データと異なるデータに従ってソートを実行できるようになりました。

    ソート

  • 行を展開して行に関する詳細情報を表示できる詳細行の機能が追加されました。

    FlexGridの機能強化

FlexChartの機能強化

「FlexChart for ASP.NET MVC」で以下の機能が追加されました。

  • 近似曲線や移動平均線を表示して、チャートの傾向を分析することができます。

    近似曲線や移動平均線を表示

  • マウスポインターの位置にマーカー線とデータ情報を表示できるようになりました。

    マーカー線とデータ情報を表示

  • 概要と詳細の2つのチャートを表示して、概要チャートで選択した範囲を詳細チャートで表示できるようになりました。

    概要と詳細の2つのチャート

Popupコントロールの追加

モーダルダイアログをポップアップ表示することができます。

Popupコントロールの追加

MultiSelectコントロールの追加

複数選択可能なドロップダウンコントロールです。選択された項目はヘッダー領域に表示され、表示方法はカスタマイズ可能です。

MultiSelectコントロールの追加

Studio for WinRT XAMLエディション

Windows 10サポート

「Studio for WinRT XAML」に収録されているWindowsストアアプリ用(Windows 8.1)とWindows Phoneアプリ用(Windows Phone 8.1)の各コントロールは、Windows 10デバイス上でのテストを実施し、互換性を確認いたしました。

ColorPickerコントロールの追加

「ColorPicker for WinRT XAML」は、透過色を含む独自に作成したカラー、またはタッチ操作を考慮したパレット一覧からカラーを選択します。

ColorPickerコントロールの追加

BarCodeコントロールのWindows Phone 8.1サポート

30種類以上のバーコード種別をサポートする「BarCode for WinRT XAML」がクロスプラットフォームBarCodeライブラリとしてWindows Phone 8.1に対応しました。

その他のWinRT機能強化

  • 「Scheduler for WinRT XAML」のC1Schedulerで各種キーボード操作が強化されました。また、グループ化時のDarkテーマをサポートしました。
  • 「Scheduler for WinRT XAML」のC1Calendarに複数の日付を選択する際の操作方法を指定(Extended/Multiple)するSelectionModeプロパティが追加されました。
  • 「FlexGrid for WinRT XAML」で表示されている行・列のコレクション内におけるインデックスを返す、RowCol.VisibleIndexプロパティが追加されました。
  • 「ZIP for WinRT XAML」ですべてのファイルおよびサブフォルダをzipファイルに非同期に追加するAddFolderAsyncメソッド(C1ZipEntryCollectionコレクション)が追加されました。


Wijmoの新機能

「Wijmo」の2015J v2では、株価市場アプリケーションなどで利用できる高度な金融チャートコントロールを追加しました。また、ExcelのようなUIと操作性を実現するFlexSheetサンプルを追加したほか、FlexGridおよびFlexChartで機能強化が行われています。

新コントロールの追加

FinancialChartコントロール

※FinancialChartコントロールは、Wijmo Enterpriseユーザー様のみご利用いただけます。

「FinancialChart」は、金融チャート用の高度な機能を備えたチャートコントロールです。平均足、練行足、カギ足などのチャート種別に加え、フィボナッチツールの表示も可能です。

FinancialChartコントロール

FlexSheetサンプル

※2015J v2においてFlexSheetはサンプルとして提供されます。今後のリリースで正式なコントロールとしてWijmo Enterpriseに収録する予定です。

「FlexSheet」サンプルでは、高速で軽量なスプレッドシートアプリケーションを実現します。Microsoft ExcelライクなUIと操作性を備え、数式やExcelファイルの入出力をサポートしています。

FlexSheetサンプル

Wijmo 5

FlexGridの機能強化

「FlexGrid」コントロールで、行を展開して行に関する詳細情報を表示できる詳細行の機能が追加されました。

FlexGridの機能強化

FlexChartの機能強化

「FlexChart」コントロールで、以下の機能が追加されました。

  • 近似曲線や移動平均線を表示して、チャートの傾向を分析することができます。

    近似曲線や移動平均線を表示

  • 直線/四角形/円などの図形や、文字列、画像をチャートの注釈として表示することができます。注釈は動的に追加、編集することも可能です。

    チャートの注釈

  • 複数のプロット領域を並べて表示することができます。

    複数のプロット領域

Popupコントロールの追加

モーダルダイアログをポップアップ表示することができます。

Popupコントロールの追加

MultiSelectコントロールの追加

複数選択可能なドロップダウンコントロールです。選択された項目はヘッダー領域に表示され、表示方法はカスタマイズ可能です。

MultiSelectコントロールの追加


Xuniの新機能

「Xuni」は2015J v2で、AndroidおよびiOSのネイティブ開発向けのエディションを追加し、モバイルクロスプラットフォーム対応を増強しました。

対応する開発環境を拡大

「Xuni」は、2015J v1ではXamarin.Formsを利用したクロスプラットフォーム開発環境を提供しましたが、これに加えAndroidおよびiOSのネイティブ開発向けの新しいエディションを提供します。これによりWindows、Macそれぞれの開発環境で、Android/iOS/Windows Phoneに対応したネイティブモバイルアプリ開発が可能になります。

Xuni for Xamarin Platform

「Xuni for Xamarin Platform」は、Xamarinで利用できるUIコントロールセットです。C#とXAMLで、Android/iOS/Windows Phone のネイティブアプリを、1つのプロジェクトで開発できます。

Xuni for Android

「Xuni for Android」は、Androidアプリ開発向けのUIコントロールセットです。Android StudioとEclipseで利用できます。開発言語はJavaです。

Xuni for iOS

「Xuni for iOS」は、iOSアプリ開発向けのUIコントロールセットです。Xcodeを使いObjective-CとSwiftでプログラミング可能です。

2015J v2製品(エディション)構成

「Xuni Enterprise」は、Xuniの全機能を利用できるエディションです。クロスプラットフォームのモバイルネイティブアプリが開発できます。「Xuni for Android」「Xuni for iOS」は、各コントロールがそれぞれのネイティブ開発環境で利用できるエディションです。

2015J v2製品(エディション)構成

業務アプリケーションで利用できるユーザーインタフェース

「Xuni」には、各開発環境から利用できる共通のUIコントロールを提供しています。FlexChart(チャート)、FlexPie(円形チャート)、Gauge(ゲージ)に加え、2015J v2にはFlexGrid(グリッド)、CollectionView(コレクションビュー)の新コントロールを収録しました。

Xuni FlexGrid

「Xuni FlexGrid」は、タッチ入力に適したモバイルアプリケーションにExcelライクなシートを表示します。CollectionViewと連携したソート、フィルタ、グループ化などのデータ操作、数値、テキスト、チェックボックスなどのデータ型、セルの書式設定やデバイスのテーマ表示などをサポートします。

Xuni FlexGrid

Xuni CollectionView

「Xuni CollectionView」は、データのコレクションに対して、ソート、フィルタ、グループ化などの機能を提供します。ListViewやFlexGrid、任意のコントロールと連携して利用できます。

Xuni CollectionView

Xuni FlexChart、Xuni FlexPie、Xuni Gauge

「Xuni」に2015J v1から収録されている各コントロールも、機能強化を実施しました。追加された開発環境への対応はもちろん、新登場のコントロールとの連携やアニメーション表現に改良を加え、「Xuni」のコントロール全体で表現力を向上させました。

Xuni新登場