新製品や企業情報をいち早くお知らせ

新製品の発売に関するニュースや会社情報など、これまでにメディアに公開したニュースリリースの一覧です。
なお、記載されている記事は発表時の情報ですので、ご覧になられた時点では販売を終了している製品や価格・仕様の変更が行われているものもありますので予めご了承ください。

[ ニュースリリース一覧 ]

[ 2016年 ]

[ 2015年 ]

過去のニュースリリース一覧はこちら






2017/7/26:業務システムのモバイル化を支援するXamarin対応UIコンポーネントセットをリリース ― ComponentOne Studio 2017J v2 ―

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利なコンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne Studio」にMicrosoftのクロスプラットフォーム開発プラットフォームである「Xamarin」で利用可能なUIコンポーネントを追加した新バージョン「2017J v2」を2017年7月26日(水)にリリースしました。定額制のサブスクリプション契約料金は、1ユーザーライセンスあたり162,000円(8%税込)、1年単位の更新費用は初回費用の40%である64,800円(8%税込)となります。

また、プラットフォーム限定のエディション「ComponentOne Studio for Xamarin(以下、C1 Xamarin)」をご利用いただいた場合のサブスクリプション契約料金は、1ユーザーライセンスあたり108,000円(更新費用は43,200円:8%税込)です。

画像「Xamarin.Formsを利用したクロスプラットフォームアプリケーション開発」
Xamarin.Formsを利用したクロスプラットフォームアプリケーション開発

モバイルデバイスの普及でスマートフォンやタブレットが業務システムで利用されることが多くなり、モバイルアプリケーション開発の需要が急増しています。新規構築に限らず既存システムをWebやモバイルデバイスから利用する改良など形態は多種多様です。加えてモバイルデバイスは種類が多く、各種OSに対応したネイティブアプリケーションの開発は、開発者の負担や開発工数が増大します。

複数デバイス用のアプリケーション開発の課題を解決し、ネイティブアプリケーションの優位性を保ちながら開発生産性を向上させ、クロスプラットフォーム開発を可能にする技術がXamarin(ザマリン)です。エンジニアが使い慣れた開発環境である「Visual Studio」を利用し、C#で複数プラットフォームのアプリ開発ができるプラットフォームとして採用が増えています。

C1 Xamarinは、Xamarinに対応したUIコントロールのコレクションです。Android、iOS、およびWindows 10(UWP)でコードを共通化しながら、各OSのネイティブユーザーインタフェースを実現します。

C1 Xamarinが提供する各コントロール(UI部品)は、Xamarinプラットフォームを通じて各OSのAPIにマッピングされます。C#やXAMLを開発言語として、ユーザーインタフェースの開発が可能になるので、C#エンジニアは統合開発環境(Visual Studio、Visual Studio for Mac)でモバイルアプリケーションを開発できます。

開発したアプリケーションは、各OS固有のAPIを利用したネイティブアプリケーションになるため、最大限のパフォーマンスを発揮できます。


収録コンポーネント

C1 Xamarinは、データ可視化に重点を置いたチャートやゲージ、データの入力に活用できるインプット、カレンダー、データの一覧表示や入力に不可欠なグリッドビューやデータ接続用のコンポーネントを提供しています。画面の表示領域に物理的な制約があるモバイルアプリケーションは、業務で必要なデータを効率的に可視化できることが求められます。ComponentOne Studioで実績のあるWindowsやWeb用のコンポーネントをXamarinプラットフォームで利用可能にしました。

画像「収録コンポーネントの利用イメージ」
収録コンポーネントの利用イメージ

FlexChart/FlexPie(各種チャート)
幅広いチャートタイプでデータを可視化できます。横棒、縦棒、面、曲面、折れ線、曲線、散布図、バブルチャートなどの表示が可能です。また、単一の値リスト用は円形グラフ、ドーナツチャートで表現できます。各チャートは配色のカスタマイズも可能で、組み込みパレットが多数用意されています。

Gauges(ゲージ)
直線型ゲージ、円形ゲージ、ブレットグラフの3種類のインジケーターが含まれており、これらを使用して主要なデータポイントを可視化するリッチなダッシュボードやビジネススコアカードを作成できます。また、タッチでポイントを移動させ、数値入力にも利用できます。

FlexGrid(データグリッドビュー)
データを Excel のような表形式に表示します。行と列で表現されたシートを操作するモバイルアプリを実現し、タッチ操作でソートやスクロール、行や列あるいはセルの選択が可能です。また、グリッドに表示したセルは、インラインで内容を編集できるので直観的なデータ操作を実現します。

CollectionView(データ接続コレクション)
コンポーネントで表示するデータを供給するためのデータ接続コンポーネントです。データグリッドやリストビューと連携し、データのフィルタ処理、グループ化、ソートを高速にバックグラウンドで処理した結果を提供します。

Input(入力支援)
データ入力の簡易化するための入力支援コンポーネントです。入力を補完するオートコンプリートや選択肢を提示するコンボボックスあるいはONとOFFをチェックボックスで入力することで、少ない操作でデータの入力が可能になります。

Calendar(カレンダー)
一般的な形式で表示されたカレンダーから、特定の日付や期間を選択することで日付入力が簡易化されます。年や月はタップやスワイプ動作でカレンダー表示を変更できるので、直感的な日付の選択が可能になります。また、日付を表示する領域に画像を表示するなどのカスタマイズも可能です。

画面設計時にプレビューに表示

Visual Studioを利用した画面設計を行う際にプレビュー表示が可能です。Visual StudioでXamarinアプリの画面設計を行う際は、Xamarin.Formsの場合はXAMLで記述された画面情報を直接編集します。Xamarin.Forms PreviewerはXAMLの編集内容を即時に反映して表示します。ボタンやラベルなどの標準のコントロール同様に、Studio for Xamarinの各コンポーネントもプレビュー画面に表示できます。

画像「Xamarin.Forms Previewに表示したFlexGrid」
収録コンポーネントの利用イメージ
画像「Visual Studio for Mac のXamarin.Forms Previewウィンドウ」
Visual Studio for Mac のXamarin.Forms Previewウィンドウ

また、Xamarin.Androidの場合はaxml、 Xamarin.iOSの場合はiOS Storyboardでも、各コントロールはVisual StudioのDesignerウィンドウに表示できます。

画像「左:Xamarin.Androidのデザイン画面 右:Xamarin.iOSのデザイン画面」
左:Xamarin.Androidのデザイン画面 右:Xamarin.iOSのデザイン画面

製品構成

開発するアプリ 言語 サブスクリプション
ComponentOne Studio
Enterprise
ComponentOne Studio
for Xamarin
Xamarin
Platform
Android C#
iOS C#
Windows 10
(UWP)
C#
Windows
(Windows Forms/
WPF/UWPなど)
Visual Basic.NET
C#
-
Web
(ASP.NET MVC/
WebFormsなど)
Visual Basic.NET
C#
税込価格(年間1ユーザー) 162,000円
更新 64,800円
108,000円
更新 43,200円





2017/5/17:ガントチャートや1レコード複数行表示グリッドを追加した.NETアプリ向けコンポーネントセット最新版をリリース ― ComponentOne Studio 2017J v1 ―

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利なコンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne Studio」の新しいバージョン「2017J v1」を2017年5月17日(水)にリリースしました。ComponentOne Studioは、1年定額制のサブスクリプション方式で販売しており、初回費用は、最上位エディションである「ComponentOne Studio Enterprise」の1ユーザーライセンスで162,000円(8%税込)、1年単位の更新費用は初回費用の40%である64,800円(8%税込)となります。

画像「ComponentOne Studio 2017j v1に収録のガントチャートコントロール」

ComponentOne Studioは、デスクトップ、Web、UWPアプリ開発を総合的に支援します。新バージョン「2017J v1」では、WPFアプリ開発用エディションに、ガントチャートコントロール「GanttView(ガントビュー)」を追加します。GanttView for WPFは、プロジェクト管理ツールに必要とされる作業計画の視覚化を実現します。

さらに、ASP.NET MVC開発用エディションには、1レコード複数行表示を可能にするグリッドコントロール「MultiRow(マルチロウ)」を追加します。MultiRow for ASP.NET MVCは、フィールド数の多い業務アプリケーションにおいて、関連のある項目をまとめて縦並びにできるため、横方向へのスクロールを減らし効率の良い見やすい画面を設計できます。

また、対応環境に最新の「Visual Studio 2017」「.NET Framework 4.7」を追加しました。ASP.NET MVC用エディションでは、フル機能のASP.NETだけでなくオープンソースとなったプラットフォーム「ASP.NET Core」もサポートします。Visual Studio Codeなどの新世代エディタでコーディングを行い、Linuxサーバーで動作するASP.NETプラットフォームのWebアプリケーション開発で利用可能になっています。

新機能の詳細はWebサイトで公開しています。


ComponentOne Studioの特長

Visual Studioでの開発をより便利にする、Windowsフォーム、ASP.NET MVC、ASP.NET Web Forms、WPF、UWP、Silverlightアプリケーション用コンポーネントスイートです。プラットフォームごとにデータグリッドやチャート、帳票、コンテナやナビゲーションといった数多くのUI部品を提供しています。OSのアップデートや新フレームワークへの対応を迅速に行っており、常に最新技術をサポートしています。

画像「ComponentOne Studio Enterprise製品構成」

2016J v3の新機能

画像「GanttView」

GanttView(ガントビュー)
【収録エディション】
Studio for WPF


プロジェクトを効率的にスケジュール、実行、完了するためのプロジェクト管理コントロールです。 プロジェクト計画を見える化する「ガントチャート」を簡単に実現します。GanttViewには、工程管理に便利な以下の機能を備えています。

  • プロジェクトに関わるさまざまなタスク/アクティビティの制御
  • 各タスク/アクティビティの開始と終了、割り当てられた時間の追跡
  • 重複するタスク/アクティビティの制御
  • プロジェクト全体の完了やデッドラインに密接な関連付け
  • プロジェクト全体の開始日と終了日の制御

画像「MultiRow(マルチロウ)」

MultiRow(マルチロウ)
【収録エディション】
Studio for ASP.NET MVC


1レコードを複数行で表示できるグリッドコントロールです。フィールド数が多い場合でも、限られたスペースに必要な情報を効率的に表示できるため、紙伝票のような整理された使いやすい画面を提供できます。機能の特長は以下のとおりです。

  • 折りたたみ可能な列ヘッダー
  • グリッドセル内での直接のデータ編集
  • Excelライクなキー操作対応(F2で編集、Deleteで選択したレコード削除など)
  • クリップボード操作サポートによるコピー&ペーストの実現
  • Excel/PDFファイル出力
※ MultiRowは、ComponentOne Studio Enterpriseをご契約のユーザーさまのみご利用いただける限定コントロールです。

 

画像「TreeView」

TreeView(ツリービュー)
【収録エディション】
Studio for WinForms


バウンド/アンバウンド両方に対応した階層データ表示コントロール「TreeView」では、列のCustomContentPresenter プロパティを使用して、TreeViewのノードをカスタマイズできるようになりました。ノードコンテンツのスタイルや書式を細かく制御できるため、画像とテキストのようなオブジェクトの組合せを使用し、デザイン性に優れた独自の定義を各ノードで設定することもできます。

 

画像「OLAP(オーラップ)」

OLAP(オーラップ)
【収録エディション】
Studio for ASP.NET MVC


Excelのピボットテーブルおよびピボットグラフに類似したオンライン分析処理コントロールです。コントロールにデータバインドするだけで、Excelのようなピボットテーブルをアプリケーション上で簡単に作成できます。クロス集計(多次元データ分析)に最適で、何千もの行を数秒で処理して集計します。

※ OLAPは、ComponentOne Studio Enterpriseをご契約のユーザーさまのみご利用いただける限定コントロールです。

 

画像「InputPanel(インプットパネル)」

InputPanel(インプットパネル)
【収録エディション】
Studio for WPF
Studio for UWP


データの入力フォームのように機能し、各入力コンポーネントのデザイン、レイアウト、外観および動作を管理できるコントロールです。

同日リリース!「Wijmo(ウィジモ)」「Xuni(ズーニー)」

ComponentOne Studioと同シリーズである、「Wijmo(ウィジモ:業務アプリケーション開発支援JavaScriptライブラリ)」、「Xuni(ズーニー:モバイル用業務アプリケーション開発支援コンポーネントセット)」についても、同日に新バージョン「2017J v1」をリリースしています。各製品の新機能については以下をご覧ください。

 

ご利用形態に合わせたライセンスのご提供

ComponentOne Studioは、開発環境や運用状況に合わせて、複数ライセンスの割引や、複数年契約のご相談を受け付けています。また、プロジェクト単位、あるいは部署単位での導入を検討したいなど、ご要望に応じてご契約内容をカスタマイズすることも可能です。






2017/1/24:ツリービューなど新機能多数搭載!Visual Studio 2017にも対応したコンポーネントセット最新版をリリース ― ComponentOne Studio 2016J v3 ―

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利なコンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne Studio」の新しいバージョン「2016J v3」を2017年1月24日(火)にリリースしました。ComponentOne Studioは、1年定額制のサブスクリプション方式で販売しており、初回費用は、最上位エディションである「ComponentOne Studio Enterprise」の1ユーザーライセンスで162,000円(8%税込)、1年単位の更新費用は初回費用の40%である64,800円(8%税込)となります。

画像「Visual Studio 2017に対応するComponentOne Studio」


ComponentOne Studio 2016J v3では、2016年11月にマイクロソフト社より発表された「Visual Studio 2017」について、Windowsフォーム、WPF、UWP、ASP.NET Web Forms/MVC、Silverlightのすべてのエディションで正式にサポートします()。

※ ComponentOne Studioは、Visual Studio 2017 RC 拡張機能の同時出荷パートナーです。

また、各エディションに多彩な新機能を追加しています。例えば、Windowsフォーム用エディションには、バウンド/アンバウンド両方に対応した階層データ表示コントロール「TreeView(ツリービュー)」や、地図データを描画できる「Maps(マップ)」コントロールを追加します。

さらに、Windowsフォーム、WPF、UWP、ASP.NET MVCの4エディションに共通で収録されている高速/軽量なチャートコントロール「FlexChart(フレックスチャート)」には、ウォーターフォールチャート、ポーラ/レーダーチャートなどが追加され、業務アプリケーション開発をますます支援します。

このほか追加となった新機能については、Webサイトで公開しています。

ComponentOne Studioの特長

Windowsフォーム、ASP.NET Web Forms、ASP.NET MVC、WPF、UWP、Silverlightのアプリケーションを開発できるコンポーネントを数多く収録したスイート製品です。プラットフォームごとにデータグリッドやチャート、帳票、コンテナやナビゲーションといったUI部品を提供しています。統合開発環境やOSのアップデート、新しいフレームワークが登場するごとに新たなエディションを追加するなど、迅速に最新技術に対応しています。

画像「ComponentOne Studio Enterprise製品構成」

なお、ComponentOne Studioと同シリーズである、業務アプリケーション開発支援コンポーネント製品「Wijmo(ウィジモ)」と「Xuni(ズーニー)」についても、同日に新バージョン「2016J v3」をリリースしています。各製品の新機能については以下をご覧ください。

2016J v3の新機能

画像「TreeView」

TreeView(ツリービュー)
【収録エディション】
Studio for WinForms


データを階層的に表示できるコントロールです。
ツリー内のノードのドラッグ&ドロップ操作やそのカスタマイズ、該当する頭文字を持つノードに直接移動できる自動検索機能、複数列表示といった機能を提供します。
また、標準コントロールと同様の接続線の表示や、テンプレートを使用しての外観調整も簡単に行えます。




FlexChartに3つのチャート種を追加
Windowsフォーム、WPF、UWP、ASP.NET MVCの4エディションに共通で収録されている高速/軽量なチャートコントロール「FlexChart(フレックスチャート)」には、計3種のチャートを新たに追加します。

画像「ウォーターフォールチャート(滝グラフ)」
ウォーターフォールチャート(滝グラフ)

【収録エディション】
Studio for WinForms
Studio for WPF
Studio for UWP
Studio for ASP.NET MVC


Micrsoft Excel 2016でサポートされたウォーターフォールチャートでは、売上高の増減など、積み上げ棒グラフでは表しにくいマイナス値を表現できるのが特徴です。


画像「ポーラ/レーダーチャート」
ポーラ/レーダーチャート

【収録エディション】
Studio for WinForms
Studio for WPF
Studio for UWP


放射線状に伸びた数値軸上の値を線で結んだレーダーチャートでは、複数の項目の大きさを一見して比較することができます。



画像「サンバーストチャート」
サンバーストチャート

【収録エディション】
Studio for ASP.NET MVC


階層的なデータを一連の円で表現するサンバーストチャートでは、複数のカテゴリを一見でき、外側のリングが中心のリングに対してどのように関連しているかを視覚化できます。




画像「Maps(マップ)」

Maps(マップ)
【収録エディション】
Studio for WinForms


組み込み(Bingマップ)もしくはユーザー定義のマップソースからの地理データを使用してマップを表示できるコントロールです。マップのベクタレイヤーを使用して任意のジオメトリを描画可能で、ズーム、パン、指定座標位置へのスクロールなどもサポートします。



画像「FinancialChart(ファイナンシャルチャート)」

FinancialChart(ファイナンシャルチャート)
【収録エディション】
Studio for WinForms
Studio for WPF
Studio for UWP


金融関連チャートをオールインワンでサポートするチャートコントロールです。平均足、練行足、カギ足、新値足、カラムボリューム、エクイボリューム、ローソクボリューム、アームキャンドルボリュームの 8 種のチャートをサポートしています。株価の動きが一目で分かる視覚化はもちろん、複数のチャート表示による株価の比較や、移動平均線を使用しての分析など、株価チャートに必要な機能をすべて備えています。
※ FinancialChartは、ComponentOne Studio Enterpriseをご契約のユーザーさまのみご利用いただける限定コントロールです。

ご利用形態に合わせたライセンスのご提供

ComponentOne Studioは、開発環境や運用状況に合わせて、複数ライセンスの割引や、複数年契約のご相談を受け付けています。また、プロジェクト単位、あるいは部署単位での導入を検討したいなど、ご要望に応じてご契約内容をカスタマイズすることも可能です。