FlexReport for WinForms
Flex ViewerでのPDFファイルの読み込み

C1 FlexViewerにC1PDFDocumentSource (ベータ版)を結合することによってFlexViewerでPDFファイルを描画することができます。C1PDFDocumentSource を使用することで、PDFファイルを開いて、FlexViewerにロードするようになります。必要なら、描画されたPDFファイルのエクスポートまたは印刷もできます。

デザイン時でPDFDocumentSourceコンポーネントをFlexViewerコントロールと結合します

FlexViewerでPDFファイルをレンダリングするには、次の手順に従います。

  1. 新しい Windows フォームアプリケーションプを作成します。
  2. C1PDFDocumentSourceをフォームにドラッグアンドドロップします。C1PDFDocumentSourceがコンポーネントトレイに表示されます。
  3. ツールボックスに移動し、C1FlexViewer コントロールをフォーム上にドラッグアンドドロップします。要件に応じてC1FlexViewer の位置とサイズを調整することができます。
  4. 「プロパティ」ウィンドウでは、DocumentSourceプロパティ値フィールドの横にあるドロップダウン矢印をクリックして、c1PDFDocumentSource1を選択します。
  5. C1PDFDocumentSourceコンポーネントを選択し、「プロパティ」ウィンドウ内でc1PDFDocumentSource1のプロパティに移動します。DocumentLocationプロパティを見つけ、PDFファイルのフルパスを入力します。
  6. アプリケーションを実行します。PDFは、FlexViewerコントロールに描画します。

プログラムでPDFファイルをFlexViewerコントロールに読み込みます

プログラムでFlex Viewerコントロール内にPDFファイルを描画するには、次の手順を実行します。

  1. C1PDFDocumentSource および C1FlexViewer をフォームにドラッグアンドドロップします。
  2. フォームをダブルクリックして、Form1_Load イベントに次のコードを記述します。
    Dim pds As New C1PdfDocumentSource()
    pds.DocumentLocation = "../../Injury Form.pdf"
    C1FlexViewer1.DocumentSource = pds
    
    C1PdfDocumentSource pds = new C1PdfDocumentSource();
    pds.DocumentLocation = @"..\..\Injury Form.pdf";
    c1FlexViewer1.DocumentSource = pds;
    

そのため、FlexViewer コントロールにロードされる PDF ファイルでは、以下の機能がサポートされます。

 

 


Copyright © GrapeCity inc. All rights reserved.