FlexChart for WinForms
選択

Sunburst グラフセグメントをクリックして、データポイントを選択できます。FlexChartBase クラスで提供されている SelectionMode プロパティを ChartSelectionMode 列挙に含まれる次の値のいずれかに設定できます。

選択をカスタマイズするには、FlexPie クラスで提供される SelectedItemOffset および SelectedItemPosition プロパティを使用します。SelectedItemOffset プロパティを使用すると、選択されている Sunburst グラフセグメントをコントロールの中心から離す距離を指定できます。また、SelectedItemPosition プロパティを使用すると、選択されている Sunburst グラフセグメントの位置を指定できます。SelectedItemPosition プロパティは、Position 列挙に含まれる値を受け取ります。このプロパティを「None」以外の設定すると、項目が選択されたときに円が回転します。

さらに、FlexChartBase クラスで提供されている SelectionStyle プロパティを使用すると、ChartStyle クラスで提供されるプロパティにアクセスして、Sunburst チャートのスタイルを設定できます。

次の図に、データポイントが選択されている Sunburst チャートを示します。

次のコードスニペットでは、上記のプロパティを設定しています。

' 選択モードを設定します
Sunburst1.SelectionMode = C1.Chart.ChartSelectionMode.Point

' 選択した項目の位置を設定します
Sunburst1.SelectedItemPosition = C1.Chart.Position.Auto

' 選択した項目オフセットを設定します
Sunburst1.SelectedItemOffset = 0.2
// 選択モードを設定します
sunburst1.SelectionMode = 
C1.Chart.ChartSelectionMode.Point;

// 選択した項目の位置を設定します
sunburst1.SelectedItemPosition = 
C1.Chart.Position.Auto;

// 選択した項目オフセットを設定します
sunburst1.SelectedItemOffset = 0.2;

 

 


Copyright © GrapeCity inc. All rights reserved.