ComponentOne Studio TrueChart for ASP.NET(C1WebChart2D) ヘルプ
データ ラベルをパーセンテージとして円グラフで表示する
C1Chart タスク別ヘルプ > データ ラベルをパーセンテージとして円グラフで表示する

Glossary Item Box

特定の時点での系列の合計を円グラフで表すには、下記の例のように {%YVAL} を使用します。

ShowVisual Basic コードの書き方

Visual Basic コードのコピー
Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
        
        ' ラベルを読みやすく表示するには、明るい色を利用します。 
        C1Chart1.ColorGeneration = ColorGeneration.Flow

        ' ChartArea を最大化します。 
        C1Chart1.ChartArea.Margins.SetMargins(0, 0, 0, 0)                
        C1Chart1.ChartArea.Style.Border.BorderStyle = BorderStyleEnum.None
        ' グラフの種類を設定します。 
        C1Chart1.ChartArea.Inverted = True               
        C1Chart1.ChartGroups(0).ChartType = C1.Win.C1Chart.Chart2DTypeEnum.Pie
        ' 以前のデータをクリアします。 
        C1Chart1.ChartGroups(0).ChartData.SeriesList.Clear()
        ' データを追加します。 

        Dim ProductNames As String() = {"Mortgage", "Car", "Food", "Day Care", "Other", "Savings", "Utilities"}               
        Dim PriceX As Integer() = {2000, 1200, 500, 500, 450, 400, 350}
        
        ' シリーズのコレクションを取得します 
        Dim dscoll As ChartDataSeriesCollection = C1Chart1.ChartGroups(0).ChartData.SeriesList
        ' シリーズにデータを挿入します。 
         For i As Integer = 0 To PriceX.Length - 1
                Dim series As ChartDataSeries = dscoll.AddNewSeries()
                ' Y データ系列に価格を割り当てます。 
                series.Y(0) = PriceX(i)
                ' 凡例上の製品名と製品価格の書式設定します。 

                series.Label = String.Format("{0} ({1:c})", ProductNames(i), PriceX(i))      
                series.DataLabel.Text = "{#TEXT}" & vbCr & vbLf & "{#YVAL} ({%YVAL:%})"       
                series.DataLabel.Compass = LabelCompassEnum.RadialText      
                series.DataLabel.Offset = -5        
                series.DataLabel.Visible = True
        Next
        ' 円の凡例を表示します。 
        C1Chart1.Legend.Visible = True
        ' グラフの凡例にタイトルを追加します。 
        C1Chart1.Legend.Text = "Monthly Expenses"        
End Sub

ShowC# コードの書き方

C# コードのコピー
  
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)          
    {
        // ラベルを読みやすく表示するには、明るい色を利用します。
        c1Chart1.ColorGeneration = ColorGeneration.Flow;  
                
        // ChartArea を最大化します。
        c1Chart1.ChartArea.Margins.SetMargins(0, 0, 0, 0);   
        c1Chart1.ChartArea.Style.Border.BorderStyle = BorderStyleEnum.None;
        // グラフの種類を設定します。 
        c1Chart1.ChartArea.Inverted = true;   
        c1Chart1.ChartGroups[0].ChartType = C1.Win.C1Chart.Chart2DTypeEnum.Pie;
        // 以前のデータをクリアします。 
        c1Chart1.ChartGroups[0].ChartData.SeriesList.Clear();  
        // データを追加します。 
                
        string[] ProductNames = { "Mortgage", "Car", "Food", "Day Care", "Other", "Savings","Utilities" };    
        int[] PriceX = {2000, 1200, 500, 500, 450, 400, 350 };   
                
        // シリーズのコレクションを取得します。   
        ChartDataSeriesCollection dscoll = c1Chart1.ChartGroups[0].ChartData.SeriesList;  
        // シリーズにデータを挿入します。   
        for (int i = 0; i < PriceX.Length; i++)    
        { 
            ChartDataSeries series = dscoll.AddNewSeries();   
            // 円をひとつ表示するには、1つの点を追加します。   
            series.PointData.Length = 1;  
            // Y データ系列に価格を割り当てます。   
            series.Y[0] = PriceX[i];   
            // 凡例上の製品名と製品価格の書式設定します。
            series.Label = string.Format("{0} ({1:c})", ProductNames[i], PriceX[i]);  
            series.DataLabel.Text = "{#TEXT}\r\n{#YVAL} ({%YVAL:%})";
            series.DataLabel.Compass = LabelCompassEnum.RadialText; 
            series.DataLabel.Offset = -5;
            series.DataLabel.Visible = true;         
        }   
        // 円の凡例を表示します。   
        c1Chart1.Legend.Visible = true;
        // グラフの凡例にタイトルを追加します。    
        c1Chart1.Legend.Text = "Monthly Expenses";     
    }

このトピックの作業結果

データラベルはポイント値と各スライスのパーセンテージや円グラフ上のポイントを表します。