ComponentZine

開発者のための実装系WebマガジンCodeZineで紹介された技術記事をご覧いただけます。
旧バージョンをもとにした記事が含まれていますが、製品利用方法において最新版と大きな相違はございません。サンプルコードも含まれているため、製品開発の参考にお役立てください。

ComponentZineでの記事一覧を見る

2010/10/26WinFormsReports

テキストデータから印刷ドキュメントを作成する.NETアプリケーションに表機能を追加する

前回の記事では、C1PrintDocumentコントロールを使って、2つのテキストファイルの内容から文書ドキュメントを作成するアプリケーションを作成してみました。今回は続きとして、改ページとイメージ画像を挿入し、テキストファイルのデータをテーブルにして表示してみます。

記事を見る

2010/10/20WinFormsReports

テキストデータから印刷ドキュメントを作成する.NETアプリケーションの作成

Reports for Windows Formsは、ドキュメントの印刷に必要なさまざまな階層ドキュメントオブジェクトモデルを提供するコンポーネントです。今回は、このReports for Windows Formsを使って、2つのテキストファイルの内容から文書ドキュメントを作成するアプリケーションを作成していきます。

記事を見る

2010/06/24WinForms・ASP.NET Web FormsZip

ZIPファイル内の画像を表示する.NET アプリケーションの作成

C1Zipコントロールは、ZIP形式のファイル圧縮・展開機能などを提供するコントロールです。今回は、このC1Zipコントロールを使い、画像を圧縮したZIPファイルを指定するだけで中身の画像ファイルを取り出し、ファイル名とともに表示してくれるアプリ ケーションを作成しました。

記事を見る

2010/04/26WinFormsSuperToolTip

ラベル表示にHTMLタグを使った.NETアプリケーションの作成

「C1SuperLabel」コンポーネントは、データの表示にHTMLタグを使用することができるコントロールです。今回は、このC1SuperLabelコンポーネントを使い、装飾を施したラベルとツールヒントを表示するアプリケーションを作成してみました。

記事を見る

2010/04/16WinFormsSizer

サイズ変更可能な複数のフレームを持った.NETアプリケーションの作成

C1Sizerコンポーネントは、フォーム内をグリッド状に区切り、その中にコントロールを配置することができるコンテナコントロールです。今回は、このC1Sizerコンポーネントを使い、植物の名前をクリックするとその説明文と画像を表示するアプリケーションを作成してみました。

記事を見る

2009/11/19WPFChart

Accessデータをグラフ化するWPFアプリケーションを作る

Chart for WPFコンポーネントは、WPF(Windows Presentation Foundation )のデータ連結機能にも対応しており、データベースファイルに接続して、テーブルにあるデータをグラフのデータソースに使うことができます。そこで今回は、売り上げデータを格納しているMicrosoft Office Accessのテーブルから、データを取得してグラフ化するアプリケーションを作成しました。 ※このサンプルではOleDb 4.0を使用しているため、x64環境で動作させるにはVisual Studioのビルドオプションでプラットフォームターゲットを「x86」に指定してください。

記事を見る

2009/10/30WPFChart

WPFのビットマップ効果を使ったチャート表示アプリケーションを作る

Chart for WPFコンポーネントは、WPF(Windows Presentation Foundation )の持つ高品質な 2-D/3-D グラフィックス表示やアニメーション機能を生かすことができるようになっています。 特にビットマップ視覚効果では、単純なピクセル処理操作ではあるものの、シャドウやべベル、グロウなどの視覚効果をチャートの要素に適用でき、さらにこの視覚効果をアニメーションさせることができます。 また、作成したグラフを画像ファイルに保存することができるので、他のアプリケーションとグラフを画像データとして共有できます。 そこで、前回の記事「データをグラフ表示するWPFアプリケーションを作る 」で作成したグラフに、さらに視覚効果とそのアニメーション機能を追加し、作成したグラフをファイルに保存する機能を組み込んでみました。

記事を見る

2009/09/29WPFChart

データをグラフ表示するWPFアプリケーションを作る

Chart for WPFコンポーネントは、Windowsの新しいサブシステムである、WPF(Windows Presentation Foundation )に対応したチャートコントロールで、多彩なグラフを簡単に作成できるコンポーネントです。このコンポーネントを利用すると、WPF特有の高度なレンダリングとアニメーション機能を持った、とても綺麗なグラフを作成することができます。今回は、プログラム実行時にチェックボックスをクリックするだけで、グラフの表示を2D-3D表示に切り替え、それぞれグラフのスケール変更と回転をマウスで行えるWPFアプリケーションを作成してみました。

記事を見る

2009/02/20WinFormsFlexGrid

Excelブックを読み書きする.NET アプリケーションを作る-その2

FlexGridコンポーネントに入力されたデータを、Excel形式のブックに保存するアプリケーションを作ります。ワークシートでは、セルの背景色や文字色、高さや幅の調節、罫線の設定を行ってデータを保存します。

記事を見る

2009/01/28WinForms・ASP.NET Web FormsExcel

Excelブックを読み書きする.NET アプリケーションを作る

Excelのブックを直接読み書きすることのできるコンポーネントで、Visual C#でも他のコントロールと同様のコードでブックやワークシート、セルを操作することができます。

記事を見る

2008/02/20WinFormsRibbon

リボンインターフェースに「開いたファイルの履歴」を組み込む

プログラム実行中にコードからリボンメニューを操作し、アプリケーションメニューにメニュー項目を追加する処理を実装します。これまでのメニューコントロールと同様、リボンコンポーネントもメニューをコードから追加・削除することができます。

記事を見る

2008/01/21WinFormsRibbon

.NETアプリのリボンインターフェースにUndo・Redo・ズーム機能を組み込む

Office 2007の各アプリケーションにある「リボン」には、クイックアクセスツールバーが組み込まれています。また、ウィンドウ下部には画面をズーム表示するトラックバーやコンボボックスが装備されています。そこで、今回はこれらの機能を前回作成したアプリケーションに追加してみました。

記事を見る

2007/12/14WinFormsRibbon

.NETでOffice 2007と同じ「リボンインターフェース」を持ったエディタを作る

C1Ribbonコンポーネントを使ってリボンバーをアプリケーションに実装します。

記事を見る

2007/11/29WinForms・ASP.NET Web FormsExcel

入力データをExcelブック形式で保存する.NETアプリケーションを作る

フォームに入力したデータを、PowerTools XLS for .NETコンポーネントを使ってExcelのブック形式でファイルに保存するアプリケーションを作成します。

記事を見る

2007/11/14WinFormsTrue WinReports

テキストファイルをRTFテキストに変換してPDF化するアプリケーション

C1PdfDocumentコンポーネントを使えば、RTFテキストを使ってPDFドキュメントを作成することができます。今回はテキストファイルを読み込み、見出しと文章のフォントサイズや文字色を使い分けてPDFドキュメントにするアプリケーションを作成しました。

記事を見る

2007/10/26WinFormsTrue WinReports

Accessのデータベースを帳票化する-クエリ結果によって値を入れ替える

C1Reportコンポーネントを使ってAccessのデータから帳票を作成するアプリケーションを作ります。今回は、コードからレポートのヘッダーを操作し、抽出結果ごとにレポートタイトルの背景色や説明文の追加などを行えるようにします。

記事を見る

2007/10/11WinForms・ASP.NET Web FormsPdf

.NETで文書をPDF化するアプリケーションを作る

C1PdfDocumentコンポーネントは、データをPDF化する機能を1つに集約したコンポーネントで、メソッドとプロパティの操作だけでテキストをPDF化することができます。今回はこのコンポーネントを使って、プログラム実行時に入力したデータをPDF化するアプリケーションを作ってみました。

記事を見る

2007/09/27WinFormsTrue WinReports

Accessのデータベースを帳票化する-パラメータクエリの使用

今回はパラメータクエリを実行し、特定のメーカーの商品データをAccessから取得して帳票にします。パラメータクエリは、C1Reportコンポーネントが持っているダイアログを使い、直接メーカー名を入力して実行する方法と、コンボボックスからメーカー名を選択して実行する方法の2つを使いました。

記事を見る

2007/09/19WinFormsPreview

Accessのデータベースを帳票化する

C1PrintPreviewControlと組み合わせ、エレキギターの商品データを格納しているAccessデータベースからデータを取り出し、一覧表を作成するアプリケーションを作ってみました。

記事を見る

2007/08/31WinFormsSuperToolTip

カラフルなラベルとツールチップを持った.NETアプリケーションを作る

SuperToolTip for .NETコンポーネントを使うことで文字装飾やツールヒントの見た目にさまざまなバリエーションをつけることができるようになります。

記事を見る