TreeView for WPF

TreeView
TreeView for WPFは、データを階層的に表示します。WPFやWindowsフォーム用のツリービューコントロールに類似したWPFのC1TreeViewコントロールは、キーボード上の検索、ドラッグ&ドロップ、自動検索、階層的テンプレートなどの豊富な機能を備えています。

機能/特長

ノードのドラッグ&ドロップ

C1TreeViewは、ツリー内のノードのドラッグ&ドロップ操作を提供します。AllowDragDropプロパティをTrueに設定するたけで、ツリー内のノードをドラッグして並べ替えることができます。

画像「ノードのドラッグ&ドロップ」

ドラッグ&ドロップ操作のカスタマイズ

ドラッグ&ドロップ動作をカスタマイズできるように、ドロップ&ドロップの操作中にイベントを発生します。たとえば、一部のノードのドラッグを禁止したり、一部のノードがドロップ先にならないように指定することができます。

自動検索

自動検索機能を使用して、ノードの頭文字を指定するだけで、該当する頭文字を持つノードに直接移動できます。

階層的テンプレート

C1TreeViewItemクラスのサブクラスを作成せずに、各ノードタイプに異なるテンプレートを適用できます。

画像「階層的テンプレート」

カスタマイズ可能なノード

ノードヘッダーはコンテント要素であるため、画像、チェックボックスなど、任意の要素をホストできます。テキストボックスを追加すると、編集可能なツリービューを作成できます。EditTemplateプロパティを使用して、ノード項目の編集機能をカスタマイズすることもできます。

画像「カスタマイズ可能なノード」

接続線の表示

Windowsフォーム用のツリービューコントロールと同様の接続線を表示します。簡単な設定で線の外観を調整できます。

画像「接続線の表示」

ClearStyleにより簡単に色を変更

C1TreeViewは、ComponentOne ClearStyle技術をサポートしており、テンプレートを変更しなくても、コントロールのブラシを用意に変更できます。Visual Studioでいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、素早くコントロールの各パーツのスタイルを設定できます。