TouchToolkit for WinForms

TouchToolkit
画期的な ComponentOne TouchToolkit for WinForms についてご紹介します。TouchToolkit for WinForms は、この種のものとしては業界初のツールキットとして、新鮮味あふれる使用感をアプリケーションに提供します。タッチサポートは、コントロールレベルだけに留まりません。この最先端のツールキットを使用することで、ジェスチャサポートなどの最先端のタッチ機能をアプリケーション全体に追加することができます。
特許番号:第5705383号


「TouchToolkit for WinForms」を使用して開発したアプリケーションを配布する場合、配布先のコンピュータ1台につき、1つのラインタイムライセンス(1パック)が必要です。

ライセンス価格表を見る

TouchToolkit for WinFormsの仕組み

ComponentOne TouchToolkit for WinForms は、開発者が複雑な手順を実行しなくてもタッチ対応アプリケーションを作成および更新できるように作成されています。TouchToolkit for WinForms を使用してみるには、以下に一覧するコントロールの1つをデザインサーフェスにドラッグ&ドロップし、必要なプロパティを設定し、アプリケーションをリビルドします。これだけです。 数回クリックするだけで、多数のタッチデバイスをサポートするエンタープライズアプリケーションが出来上がります。

収録コントロール

  • C1Magnify

    テキストフィールドの拡大鏡ツールを有効にします。

  • C1ApplicationZoom

    アプリケーション内のすべてのフォームでズームジェスチャを有効にします。

  • C1Zoom

    フォームレベルでズームジェスチャのサポートを有効にします。

  • C1ZoomPanel

    フォーム内のパネルでズームジェスチャのサポートを有効にします。

  • GcZoomCommandProvider

    ユーザーコントロールでコントロールバーのコマンドを実装します。

  • C1MultiScaleImage

    ユーザーが複数解像度画像を開くことができるようにします。これにより、ズーム倍率ごとに異なる画像を表示できます。

  • C1TouchEventProvider

    ジェスチャ対応フォーム内の任意のコントロールにタッチイベントを提供します。タップ、ホールド、ペンフリックなどの Windows 8 イベントをトラップできます。

機能/特長

WinFormsアプリケーションのタッチサポート

タッチサポートは、コントロールレベルだけに留まりません。アプリケーション全体でタッチを使用できます。

ジェスチャサポート

ピンチズーム、スワイプ、エクスパンドなどのあらゆるジェスチャを使用して、アプリケーションを簡単に操作できます。

タッチ操作向きのコントロールバー

アプリケーションに使いやすいコントロールバーを追加して、タッチ操作向きのナビゲーションを可能にします。

ズーム、拡大、パンのサポート

デバイスが小さくても 大丈夫です。最小サイズの Windows デバイスでも、ズーム、拡大、パンを使用して、アプリケーション内を簡単にナビゲートできます。