Toolbar for WPF

Toolbar
Toolbar for WPFを使用すれば、リボンと同様なツールバーやボタン、ツールストリップなどを実装したプロフェショナルで魅力的なアプリケーションを開発できます。

収録コントロール

  • C1Toolbar
  • C1ToolbarStrip
  • C1ToolbarButton
  • C1ToolbarSplitButton
  • C1ToolbarToggleButton
  • C1ToolbarGroup
  • C1ToolbarTab

機能/特長

タブとグループ

タブとグループにより、関連あるコマンドを整理できます。例えば、フォントやクリップボード関連のボタンを一つのグループに整理します。グループ内のコマンドの動作などを説明するために、グループごとにラベルを表示することもできます。

オーバーフロー

ツールバーの領域にグループやツールバーストリップが収まらない場合、ドロップダウンして表示させることができ、スクロールバーを必要としない構成が可能です。

画像「オーバーフロー」

様々なコマンド

Toolbar for WPFはボタン、トグルボタン、セパレータ、ドロップダウンコントロールなど各種のコントロールを網羅しています。また、各コントロールに特有の動作を与えるためのイベントハンドラを追加できます。

コマンドフレームワークのサポート

Toolbar for WPFは、WPFのコマンドフレームワークをサポートします。一度、タイトルと画像ソースを含むコマンド群を作成すると、それらを複数のツールバーで共有できます。

リボンライクな機能

縮小、ヘルプ、ダイアログランチャー用ボタンなど、Microsoft Ribbonのようなツールバーを提供します。

画像「リボンライクな機能」

軽量なツールストリップ

タブやグループを使用しないシンプルなツールバーを提供します。

画像「軽量なツールストリップ」

水平・垂直方向

ツールバーは、水平・垂直のいずれにも表示できます。

ClearStyleで色をカスタマイズ

C1Toolbarは、ComponentOne ClearStyle技術をサポートしており、テンプレートを変更しなくても、コントロールのブラシを用意に変更できます。Visual Studioでいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、素早くコントロールの各パーツのスタイルを設定できます。