TileView for UWP

TileView

TileView for UWPは、タイルを展開縮小して、状況に応じてより多くの情報またはより少ない情報を表示します。この高度に視覚的でインタラクティブなコントロールを使用すると、UWPアプリのタッチ操作しやすく滑らかに動作する能力を遺憾なく発揮できます。

主な特長

タッチ操作とアニメーション

C1TileViewコントロールは極めてインタラクティブなコントロールです。各タイルを3種類の状態で表示でき、ユーザーはタイルヘッダーをタップするだけで表示状態を切り替えることができます。また、タイルを任意の方向にスライドまたはフリックするだけでタイルを並べ替えることができます。タイルのある状態から別の状態への移行は、滑らかなアニメーションで行われます。 タッチ操作とアニメーション

3つのタイル表示状態

各タイルは、最大化、最小化、デフォルトの3つの状態で表示できます。項目テンプレートを使用して、各タイルに表示する情報量を簡単に増減できます。デフォルト状態では、すべてのタイルが同じ大きさで表示されます。 3つのタイル表示状態

最小化位置

1つのプロパティを設定するだけで、最小化された項目をC1TileViewコントロールの上下左右のいずれかの位置に表示します。デフォルト状態における行と列の数を変更することも可能です。 最小化位置

柔軟なデータ連結

C1TileViewは、任意のビジネスオブジェクトのコレクションに連結することができます。他のItemsControlと同様に、項目テンプレート内で要素の連結を指定します。 柔軟なデータ連結

UIの仮想化

C1TileViewコントロールはUIの仮想化をサポートしているため、パフォーマンスに影響を与えずに大量の項目を読み込んで表示できます。 UIの仮想化