TileControl for WinForms

TileControl
TileControl for WinFormsにより、デスクトップアプリにWindows 8のスタート画面のような操作性を簡単に実装できます。パンおよびタップジェスチャをサポートする多種多様なタイルコントロールが用意されています。タイルをさまざまなコンテナと組み合わせると無限のレイアウトの可能性が得られます。

機能/特長

タイルレイアウト

TileControlは、以下のレイアウト機能を提供します。

  • グループ内のタイルは自動または手動でレイアウトできます。
  • 任意のタイルサイズを設定できます。サイズは大きいサイズと小さいサイズだけに限定されません。
  • パネルのドッキング、パネルのネスト、テキストの追加、および画像の追加が可能です。タイル(正確にはタイルテンプレート)の内部レイアウトは非常に柔軟に設定できます。
  • レイアウトをXMLファイルに保存し、いつでもそれをロードできます。

画像「タイルレイアウト」

画面表示のカスタマイズ

TileControlは極めて自由にカスタマイズできます。たとえば、次のように、画面表示を簡単に設定できます。

  • 2つの表示方向から選択: タイルグループは垂直または水平方向に積み重ねることができます。
  • ユーザー画像の追加: コントロールの背景画像は、Windows 8のスタート画面と同様に、タイルと一緒にスクロールできます。
  • 画面表示のシンボル: タイル上に表示できるさまざまなサイズの標準シンボルセットが用意されています。「バッジ番号」または「5つ星」格付け画像をテンプレートの一部として簡単に表示できます。これらの要素はタイルのプロパティで指定された整数値にバインドできます。

画像「画面表示のカスタマイズ」

テンプレート

各タイルを個別に設計する必要はありません。テンプレートを作成して、タイルに関連付けることができます。テンプレートは文字列、色、および画像などのデータを保持できます。1つのテンプレートを複数のテンプレートに関連付けて、1つのタイルで複数のテンプレートを切り替えることもできます。たとえば、タイマーでテキストや画像ビューを切り替えることができます。

画像「テンプレート」

タッチサポート

TileControlは、Windows 7またはWindows 8マシン上のタッチ入力ハードウェアを使用して、(スワイプジェスチャによる)タイルのパン、タップ、およびチェックをサポートします。また、ユーザーが指先でタイルを押したままにすると、タイルにツールチップが表示されます。

キーボードナビゲーション

キーボードを使用してタイル間を簡単に移動できます。