WPF開発で役立つコンポーネントセット

Studio for WPF

ClearStyleとは

ClearStyleは、ComponentOne Studio for WPFとComponentOne Studio for Silverlightの各コントロールに組み込まれた機能で、コントロールのスタイル設定をすばやく簡単に実行するための新技術です。これを使用すると、面倒なXAMLテンプレートやスタイルリソースと格闘することなく、コントロールのスタイルをカスタマイズできます。ClearStyle技術は、直接VisualStudioのデザイン画面でコントロールのスタイルを完全に設定できるため、ExpressionBlendもプロのデザイナも必要ありません。

煩雑になりがちなExpressionBlendでの設定

SilverlightやWPFの標準コントロールにテーマを追加する場合、コントロールのテンプレートを変更した上で、プロジェクト内のさまざまなスタイルリソースを管理する必要があります。VisualStudioだけでは、この作業は非常に手間がかかるため、ExpressionBlendが導入されました。しかし、この2つの環境を行き来することはかなり困難な作業です。デザイナに作業を任せることも考えられますが、デザイナと開発者がXAMLファイルを共有すると、さらに煩雑になる可能性があります。

画像「煩雑になりがちなExpressionBlendでの設定」

直感的なスタイル設定が望まれる

ClearStyleは、VisualStudio環境で、直感的にスタイルを設定できるようにします。アプリケーションでコントロールのスタイル設定を少し変更することはよくあるため、この作業は容易である必要があります。たとえば、グリッドの行の色を変更するためだけに、テンプレートを1つ作成するのは非効率です。

ClearStyleでは詳細な変更が容易

コントロールの主な要素は、それぞれBrushプロパティとして表されます。これが集まって、コントロール固有のBrushセットを形成します。たとえば、GaugeにはPointerFillプロパティやPointerStrokeプロパティがあり、DataGridの行にはSelectedBrushやMouseOverBrushがあります。これらのブラシには、単色のみを割り当てることも、マルチポイントのグラデーションやテクスチャを割り当てることもできます。

全面的な再設計も可能

ClearStyleは、すばやく簡単にスタイルを変更することを目的としたソリューションです。ただし、引き続きコントロールのテンプレート全体をカスタマイズし、必要なスタイルを詳細に指定して作成することもできます。このような特別な状況でもClearStyleが妨げになることはありません。

ClearStyleをサポートするコントロール

ClearStyleは、ComponentOne Studio for WPF/Silverlightに収録されているすべてのUIコントロールでサポートされます。