Reports for WinForms

Reports
Reports for WinFormsは、メンテナンスモードに移行しました。
メンテナンスモード情報を見る

新しい帳票コンポーネント「FlexReport for WinForms」の情報もご覧ください。

製品概要

帳票機能を簡単に実装

Reports for WinFormsは、レポート生成用のリッチオブジェクトモデル、プレビュー用の複数のUIコントロール、およびレポートの作成と設計用のレポートデザイナを備えた、オールインワン型のレポートコンポーネントです。レポート生成、プレビュー、印刷、エクスポートといった帳票機能をWindowsフォームアプリケーションに簡単に実装します。

収録コントロールとアプリケーションを詳しく見る

画像「帳票機能を簡単に実装」

高度なレポートを生成するオブジェクトモデル

C1Reportは、Accessスタイルのデータベースレポートを生成します。また、C1Reportはレポート定義の作成、カスタマイズ、ロード、および保存を行うための高度なオブジェクトモデルを提供します。リッチテキスト、HTML、連結および非連結画像、バーコード、図形、グラデーション、グラフ、マップ、およびサブレポートなどを含めたレポートを生成できます。

さらに詳しく見る

画像「高度なレポートを生成するオブジェクトモデル」

印刷と外部フォーマットへのエクスポート

C1PrintDocumentコントロールは、レポートを直接プリンタに出力するほかに、XLS、XLSX、PDF、HTML、RTF、XPS、TIFFなどにエクスポートできます。また、C1PrintDocumentコントロールは柔軟で階層的なドキュメント指向のオブジェクトモデルを提供します。コントロールに追加されたオブジェクトは左上から右下に向かって配置されて自動的にレイアウトが設定されるため、手動でレイアウトを計算したり改ページを挿入する必要はありません。ドキュメントはコードで生成することも、柔軟なデータ連結モデルを使用してデータベースと接続して生成することもできます。

さらに詳しく見る

画像「印刷と外部フォーマットへのエクスポート」

印刷プレビューの生成

Reports for WinFormsは、アウトライン、サムネイル、ページズーム、およびテキスト検索を含む高度な文書ナビゲーションを備えた印刷プレビューを実現します。

さらに詳しく見る

画像「印刷プレビューとエクスポート」

Microsoft AccessおよびCrystal Reportsとの互換性

マウスボタンのクリック1つで、C1Reportデザイナアプリケーションを使用してAccessレポートファイル(MDB、ADP)とCrystalレポートファイル(RPT)をインポートできます。C1Reportは、サブレポートや複数データソースなどMicrosoft AccessとCrystal Reportsに含まれているほとんどの機能をサポートします。

さらに詳しく見る

画像「Microsoft AccessおよびCrystal Reportsとの互換性」

SSRSレポートの表示

C1PrintPreviewコントロールにパラメーターを渡し、WinFormsアプリケーションにて直接SSRS(SQL Server Reporting Services)のレポートを表示することが可能です。

画像「SSRSレポートの表示」

使い勝手のよいデザイナ

Visual Studioのアドインではなく独立したアプリケーションであるため、Visual Studioを起動しなくても帳票を作成することができます。使用方法はMicrosoft Accessに似ており、リボンインターフェイスを採用しているので、豊富な機能の中から使用する機能を見つけやすくなっています。また、SQLビルダやスクリプトエディタなどの便利な機能も提供されます。

さらに詳しく見る

画像「使い勝手のよいデザイナ」

ユーザーへのレポート設計の提供

C1Reportデザイナを既存のソリューションに統合して、レポートの作成と設計の全ての機能をエンドユーザーに提供できます。この強力なアプリケーションの無償ランタイム配布を享受します。

さらに詳しく見る

画像「ユーザーへのレポート設計の提供」

レポート生成の自動化

C1Reportスケジューラアプリケーションにより、設定したスケジュールに従ってバックグラウンドでレポートを自動生成できます。 レポートのタスクを一度限りか、または定期的な時間、日、週などをスケジュールできます。 レポートデザイナと同様に無償で再配布できます。

さらに詳しく見る

画像「レポート生成の自動化」