RadialMenu for WPF

RadialMenu
RadialMenu for WPFのラジアルメニューシステムをデスクトップアプリケーションに組み込むことで、モダン化が進みます。 モダンなタッチファーストインタフェースにインスパイアされたC1RadialMenuコントロールは、伝統的なコンテキストメニューに対するユニークでタッチフレンドリな代替手段を提供します。

機能/特長

ユーザーエクスペリエンスおよび探求心の向上

展開および折りたたみ時、C1RadialMenuコントロールは風車のようにスムーズに回転します。 この流動的なアニメーションはユーザーエクスペリエンスを追加し、ラジアルメニューシステムはアプリケーションのすべての機能に対するユーザーの探求心を向上させます。 折りたたまれているときでもユーザーはメニューを意識するので、標準のコンテキストメニューよりもコマンドを発見するのが容易です。

画像「」

画面の表示スペースの節約

いつどこにでもポップアップ可能な単一の展開可能なメニューコントロールに対し、アプリケーションの大部分のコマンドを組織化し階層化することができます。 コントロール内の各項目の詳細な位置やサイズが指定でき、また項目の開始角度を指定することができます。

特別な数値および色メニュー

C1RadialMenuコントロールは、色や数値の編集に対する特別なサポートを持っています。 メニュー項目は塗りつぶし色として表示でき、色オプションの完全なホイールを提供できます。 数値編集の場合、コントロールはタッチデバイス上ですばやく簡単に使用できるラジアルダイアルをサポートします。

画像「」

頻繁に使用する項目の自動選択

どのサブメニューが選択されたかを指定したり、ユーザーの以前の行動に基づいて自動的に項目を選択することを可能にできます。 これにより、ユーザーが頻繁に既定以外のメニュー項目を選択する場合、毎回メニューの深い階層までナビゲートすることなく高速にその項目を選択できるようになります。

一目で見るRadialMenuの機能

  • 展開および折りたたみ時のスムーズなアニメーション
  • ネストされた項目の自動選択
  • デスクトップおよびタッチフレンドリ
  • 数値ダイアルのサポート
  • 特殊な色選択
  • ツールチップおよびアイコンのサポート