PdfViewer for WPF

PdfViewer
PdfViewer for WPFは、Adobe ReaderをインストールすることなくPDF文書を表示したり保存することが可能です。PDF文書の印刷、ページ移動、拡大縮小、検索などをサポートします。

機能/特長

PDFファイルの表示

C1PdfDocumentを使用して動的に生成されたPDFを表示したり、クライアント上のPDFファイルを表示することができます。PDFの表示のためにAdobe Readerをインストールする必要はありません。 PDFファイルの表示

PDF仕様のサポート

PDF 1.5のサブセット仕様をサポートします。暗号化や、一部のフォントおよび画像形式には対応していません。制限の詳細についてはヘルプを参照してください。 PDF仕様のサポート

ドキュメントのロードと保存

PDFを表示できるだけでなく、C1PdfViewerを使用して、PDFファイルをローカルマシンに保存することもできます。 ドキュメントのロードと保存

印刷のサポート

全てのページや選択したページを印刷することができます。コードで印刷を実行することも可能です。 印刷のサポート

文字列の検索

文書中の文字列を検索することができます。一致する文字列が見つかった場合、検索結果はすぐに見つけられるように強調表示されます。 文字列の検索

複数の表示モード

幅に合わせる、単一ページ、倍率指定などの複数の表示モードに対応し、様々な倍率で文書を表示することができます。 複数の表示モード

ページの取得

ページをFrameworkElementのリストとして取得することができます。例えば、Book for WPFのページにPDFを表示したりすることが可能です。 ページの取得

ツールバーのカスタマイズ

既定のツールバーにはコマンドが割り当てられているため、ツールバーを簡単にカスタマイズすることができます。 ツールバーのカスタマイズ