PdfViewer for UWP

UWPアプリに文書表示機能を追加します。PdfViewer for UWPは、PDFビューワをインストールすることなくPDF文書を表示することが可能です。PDF文書のズーム、印刷、検索などをサポートします。

機能/特長

PDFファイルの読み込みと表示

C1PdfViewerコントロールは、UWPアプリでPDFファイルを表示します。このコントロールは、デスクトップや外部のAdobe製品に依存することなくファイルを表示または保存します。コンテンツは、ネイティブなWindowsランタイムXAML要素として解析され、ネイティブなListBoxにレンダリングされて、円滑なページナビゲーションを実現します。

マルチタッチジェスチャーのサポート

ユーザーは、ページをスライドしてスクロールできるほか、ドキュメントをピンチまたはダブルタップしてズームすることができます。ズームすることで、狭い画面にコンテンツを読みやすく表示できます。

水平方向の表示

C1PdfViewerコントロールは、垂直方向と水平方向の両方をサポートします。Orientationプロパティを設定するだけで、表示方向を設定できます。

画像「2水平方向の表示」

PDFからのページの取得

読み込んだPDFのページを一連のFrameworkElementとして取得し、各ページの表示方法をカスタマイズすることができます。これにより、既存のPDFドキュメントを極めて柔軟に操作することができます。たとえば、ページ画像をプリンタに送信できます。GetPagesメソッドを呼び出すだけで、ページを取得できます。

印刷のサポート

GetPagesメソッドを使用し、標準のWindows印刷技術に従って、ページをプリンタ端末に送信します。

画像「印刷のサポート」

暗号化されたファイルのサポート

C1PdfViewerコントロールは、暗号化されたファイルの表示をサポートします。LoadDocumentメソッドでパスワード引数を指定すると、暗号化されたファイルを表示できます。

ベストエフォート描画

デフォルトでは、C1PdfViewerコントロールは可能な限り描画するよう試みます。C1PdfViewerはPDF 1.5仕様のサブセットをサポートします。ドキュメントがサポートされていないコンテンツを含んでいる場合は、その部分が表示されません。サポートされていないフォントが含まれている場合は、最も近いサポートされているフォントを検索します。制限事項の詳細については、ヘルプで確認できます。