PDF for .NET

PDF
PDF for .NETは、.NETアプリケーションでPDFドキュメントの作成を可能にします。PDF作成方法は.NET Frameworkで印刷や画面表示に用いられるGraphicsクラスの使用方法と似ているので、.NETでのテキストとグラフィックスの表示方法を知っていれば、簡単にPDFを作成できます。セキュリティ、圧縮、アウトライン、ハイパーリンク、添付ファイルといった、PDFの高度な機能をサポートしており、複雑なPDFドキュメントをプロパティ設定で簡単に作成できます。

機能/特長

簡単なコンテンツ追加

PDF for .NETの使用方法は.NET FrameworkのGraphicsクラスとよく似ています。テキスト、画像、直線、多角形、楕円、曲線などを描画するメソッドが提供され、メソッドの引数もGraphicsクラスとほぼ同じで、.NETと親和性の高い使いやすいインターフェイスになっています。そのため、.NETでのPDF作成をすぐに開始できます。また、PDF for .NET独自の機能として、RTF文字列、HTML文字列、角丸四角形を描画することも可能です。

画像「簡単なコンテンツ追加」

しおりの設定

PDFファイルにしおり(ブックマーク)を設定して、特定のページおよび位置に素早く移動することができます。しおりは階層付きの表示に対応しています。

画像「しおりの設定」

PDFフォーム

PDFフォームに対応し、ユーザーが入力/編集可能なPDFファイルを作成することができます。PDFフォームは、ボタン、チェックボックス、ラジオボタン、テキストボックス、リストボックス、コンボボックスに対応しています。

画像「PDFフォーム」

HTMLテキストの描画

HTMLテキストの描画に対応しているため、既存のスタイルシートを利用して、画像やRTF、テキスト、フォームフィールドなどを含む、HTMLコンテンツを簡単に描画できます。長文を複数のページに分割して描画するための機能も用意されます。HTML描画を使用することで、テキストやグラフィックスで描画する方法に比べて表現力の高い文書を容易に作成することができます。

メタファイルでの画像の高速描画と圧縮

メタファイルはビットマップに変換されず、ベクターグラフィックスコマンドに変換されるため、最高の解像度を保持します。グラフまたは図面をPDFドキュメントに追加する場合、メタファイルの方がビットマップ画像よりも適しています。

画像「メタファイルでの画像の高速描画と圧縮」

DrawImageメソッドを使用したなじみある構文

画像をPDFドキュメントに簡単に追加できます。すべての作業はDrawImageメソッドで行うことができます。DrawImageは、特定の画像を指定された位置に描画し、画像の配置とスケーリングに対する制御を提供するパラメータを持っています。メタファイルを含む.NET画像オブジェクトをすべて描画できます。

ドキュメント情報とビューア環境設定の制御

作成するPDFドキュメントにメタデータを追加できます。作成者、作成日、キーワードなどを指定できます。ドキュメントがAdobe Readerで開かれたときに適用されるデフォルトのビューア環境設定も可能です。初期のページレイアウト、ウィンドウ位置、およびreaderツールバーとメニューの表示/非表示を指定できます。

ドキュメントの制限の管理

パスワードを設定してPDFファイルを暗号化することで、重要な情報を保護することができます。パスワードは、ドキュメントを開くためのユーザーパスワード、権限を変更するための所有者パスワードに対応しています。また、ユーザーにコンテンツのコピーと編集を許可したり、ユーザーによるドキュメントの印刷を禁止したり、注釈の編集権限をユーザーに設定したりすることも可能です。

ハイパーリンクとアンカーリンクの追加

PDFはハイパーリンクとハイパーリンクターゲットをPDFドキュメントに追加する機能があります。アンカーリンクも追加でき、これをクリックするとユーザーは同じPDFドキュメント内の別の位置に移動します。このタイプのリンクは、コンテンツのテーブルまたはインデックスなど、一部のタイプのクロス参照を実装する場合に便利です。

ファイル添付

PDFドキュメントの指定したページに任意の種類のファイルを添付することができます。これにより、Excelファイル、動画、ソースコードなどのファイルをPDFと一緒に配布できます。