OutlookBar for WPF

OutlookBar
OutlookBar for WPFはサイドバー形式のナビゲーションシステムで、メニューやコントロールを個別のカテゴリにグループ化できます。ナビゲーションペインには、ボタンで表される任意のカテゴリが含まれ、カテゴリは、ヘッダーと、コントロールを追加するためのパネルから成ります。

機能/特長

Microsoft Outlook形式のUI

Microsoft Outlook 2007/2010 で使用されているナビゲーションシステムのように、コンテンツおよびナビゲーションメニューを個別のカテゴリにグループ化できます。コンテンツが整理されることで、エンドユーザーはすばやいナビゲーションが可能になります。 Microsoft Outlook形式のUI

折りたたみの方向

左方向および右方向への折りたたみをサポートします。C1OutlookBarが左にドッキングしている場合は、コントロールの右側に折りたたみ矢印が表示され、左方向へ折りたたまれます。右にドッキングしている場合はその逆となります。 折りたたみの方向

積み重ね可能なボタン

スプリッタバーを使用して、コントロール下部の折りたたみ項目パネルにボタンを積み重ねることができます。ボタンが入りきらない場合は、選択用のドロップダウンメニューにボタンが表示されます。 積み重ね可能なボタン

柔軟なデータ連結

C1 OutlookBarは項目のビジュアル表現を作成するために、データテンプレートを使用して任意のデータ型のオブジェクトのリストに連結できます。 柔軟なデータ連結

ClearStyleで色をカスタマイズ

C1OutlookBarは、ComponentOne ClearStyle技術をサポートしており、テンプレートを変更しなくても、コントロールのブラシを用意に変更できます。Visual Studioでいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、素早くコントロールの各パーツのスタイルを設定できます。 ClearStyleで色をカスタマイズ