NavBar for WinForms

NavBar
このサイドバーナビゲーションシステムにより、メニューとコントロールを異なるカテゴリにグループ化できます。NavBar for WinFormsはMicrosoft Outlookナビゲーションバーを模倣しています。ボタンで表される任意の数のカテゴリから成り、各ボタンにはヘッダ、および情報とコントロールを追加するためのパネルが含まれます。

機能/特長

Microsoft OutlookスタイルのUI

コンテンツおよびナビゲーションメニューをMicrosoft Outlookで使用されているナビゲーションシステムと同様の異なるカテゴリにグループ化します。このモデルによってコンテンツを整理することができ、エンドユーザーはすばやくナビゲートできます。

画像「Microsoft OutlookスタイルのUI」

組み込みの視覚スタイル

Office 2010、2007、および2003スタイルを含む11種類の組み込み視覚スタイルから選択できます。プロパティを設定するだけで、これらのMicrosoft Outlookスタイルの外観が得られます。

画像「組み込みの視覚スタイル」

縮小可能

C1NavBarをコンテナの任意の端(left、right、top、およびbottomを含む)に縮小できます。

画像「縮小可能」

コントロールの埋め込み

任意のコントロールを各ナビゲーションパネルに配置できます。これは設計時にコントロールをパネルにドラッグするだけで行うことができます。

実行時のカスタマイズ

実行時にドロップダウンの矢印ボタンをクリックすることで、C1NavBarボタンをカスタマイズできます。ユーザーはボタンを再配置や、特定のボタンの表示/非表示を選択できます。

画像「実行時のカスタマイズ」

スタック可能なボタン

分割バーを使用し、ボタンをナビゲーションバー下部にあるストリップバーにスタックできます。オーバーフローしたボタンは、選択用のドロップダウンメニューに表示されます。

画像「スタック可能なボタン」

〈閉じる〉ボタン

エンドユーザーはプロパティ設定だけで1つのパネル、またはナビゲーションバー全体を閉じることができます。

幅広い設計時サポート

独自のスマートデザイナによる設計機能を備えています。マウスをクリックするだけでフローティングツールバーが開き、変更を加えることができます。コード不要の設計により、C1NavBarコントロール全体で手間のかからないカスタマイズが可能になります。