Menu for ASP.NET Web Forms

Menu
アニメーション効果、画像、チェックボックス項目、インタラクティブ操作による項目スクロール機能などを備えたマルチレベルメニューを作成できます。また、アプリケーション内部のコンテキストヘルプのポップアップメニューの作成も容易です。

機能/特長

垂直および水平メニュー

メニューとそのサブメニューは、水平または垂直方向のどちらにも表示できます。 垂直および水平メニュー

スクロール

C1Menuは、最上位メニュー、サブメニュー、サブグループをスクロールできます。 スクロール

メニュー項目のアイコン

メニュー項目には固有のアイコンを表示することができます。多数の組み込みアイコンから選択できる他、独自のアイコンを追加することも可能です。 メニュー項目のアイコン

アニメーション

メニューは各種の拡張/縮小アニメーション効果をサポートします。たとえば、フェードイン、上部からのスクロールイン、水平オープン、バウンドなどがあります。 アニメーション

Flash、ActiveX、ウィンドウオブジェクトの併用

C1Menuは任意のウィンドウオブジェクト、Flash、ActiveX、およびその他の標準/サードパーティ製コンポーネントをオーバーレイできるため、Web サイトのデザインで制約されることがありません。 Flash、ActiveX、ウィンドウオブジェクトの併用

データ連結のサポート

C1Menu コントロールをデータソースに連結します。XML データソースまたは SiteMap データソースに連結できます。また、Access データソースのデータを読み取り、メニュー階層を動的に作成することも可能です。 データ連結のサポート

キーボードサポート

アクセスキーのサポートを追加して、特定のキーの組み合わせによって C1Menuコントロールにフォーカスを付与します。これにより、エンドユーザーはキーボードの矢印キーでメニューを移動し、[Enter]キーでメニュー項目のリンクを開くことができます。 キーボードサポート

テーマ設定

スマートタグをクリックするだけで、6種類のプレミアムテーマ(Arctic、Midnight、Aristo、Rocket、Cobalt、Sterling)のいずれかを選択して外観を変更できます。また、jQuery UI の ThemeRollerで作成したテーマも使用可能です。 テーマ設定

CSS対応

CSS(Cascading Style Sheet)のスタイルを使用して、カスタムスキンを定義できます。 CSS対応