Input for UWP

電話番号、パーセント、数値範囲、ファイルなどに対して、よりスマートな入力方法を提供します。Input for UWPはマスク入力と数値入力の2つのコントロールを収録し、書式設定されたテキストを表示して、素早く有効なデータを入力させることができます。

収録コントロール

  • NumericBox

    C1NumericBoxは、通貨やパーセントなどの書式化された数値を表示、編集します。

  • MaskedTextBox

    C1MaskedTextBoxはマスクを使用して入力を検証して不正な文字の入力を防ぎます。

  • RangeSlider

    C1RangeSliderコントロールは、基本的なスライダーコントロールを拡張し、値の範囲の選択が可能な2つのつまみをサポートしています。

機能/特長

標準の書式文字列

MaskプロパティやFormatプロパティを使用して、ユーザーの入力時に入力書式を提供します。C1MaskedTextBoxとC1NumericBoxはMicrosoftが定義している標準的な書式文字列をサポートし、Windowsフォームコントロールと同様の構文を使用します。Formatプロパティでは、使い慣れた.NETの書式文字列を使用して数値を表示します。固定小数点(F)、数値(N)、全般(G)、通貨(C)、指数(E)、16進数(X)、パーセント(P)をサポートします。

画像「Standard Format Strings」

プロンプトとリテラル

C1MaskedTextBoxコントロールでは、1つのプロパティを設定するだけでプロンプト文字とリテラルを表示するかどうか選択することができます。プロンプト文字はユーザーにテキストを入力できることを示すための文字(_や*など)です。リテラルはマスク内にそのまま表示される非マスク文字(/や-など)です。

画像「Include Prompts and Literals」

数値範囲

C1NumericBoxコントロールでは、MinimumプロパティとMaximumプロパティを設定して入力を特定の数値範囲に制限することができます。

ウォーターマークのサポート

ウォーターマークを表示して、どのような値を入力すべきかユーザーに状況説明を提供することができます。ウォーターマークは何も入力されていないときにコントロールに表示されます。