Input for ASP.NET Web Forms

Input
C1InputCurrency、C1InputDate、C1InputMask、C1InputNumeric、C1InputPercentを提供し、マスク、日付、数値の入力やカスタム書式など多くの機能をサポートします。

入力コントロールの概要

  • C1InputCurrencyは、通貨編集用コントロールです。
  • C1InputDateは、日付/時刻編集用コントロールです。
  • C1InputMaskは、ユーザー入力の有効/無効を識別するマスクを使用するコントロールです。
  • C1InputNumericは、数値編集用コントロールです。
  • C1InputPercentは、パーセント値編集用コントロールです。
  • C1InputTextは、テキスト編集用コントロールです。

主な特長

充実したクライアント側オブジェクトモデル

マウス操作とコントロールフォーカスイベントにより、クライアント側に充実したユーザー操作性を提供します。複数のクライアント側メソッドを使用して、コントロールの書式、色、マスク、最小値/最大値などを変更できます。 充実したクライアント側オブジェクトモデル

豊富なマスク種類

C1InputMaskは、全角、半角、ひらがな、カタカナ、英数字などのマスク文字をサポートします。また、日付時刻書式や数値範囲、C1InputDateは短い形式や長い形式の日付時刻を含む9種類の組み込み標準マスクを備えます。 豊富なマスク種類

ふりがな

C1InputTextでは、テキストボックスに入力された文字列のふりがなを取得することができます。 ふりがな

文字数の制限

C1InputTextでは、文字数単位またはバイト数単位で入力文字数を制限することができます。 文字数の制限

無効な入力に対するアラート

入力ボックス内の無効な入力を排除します。赤色のフォントによる警告や、エラーメッセージの表示が可能です。 無効な入力に対するアラート

豊富な書式モデル

任意の書式で入力ボックスを設定することができます。豊富な書式モデルにより、開発者はコントロールのテキスト、枠線、セル間隔、配色などの外観をカスタマイズ可能です。 豊富な書式モデル

スマートタグによるプロパティ設定

スマートタグを使用して、設計時に5つのコントロール固有のデザイナにすばやくアクセスできます。マスク、書式、値、カルチャの各プロパティを設定して、コードを記述せずにWYSIWYGウィンドウで編集と確認が可能です。 スマートタグによるプロパティ設定

カルチャサポート

入力コントロールで使用されるカルチャ設定を定義できます。カルチャ設定は、文字列の比較、数値や日付時刻の書式、特殊文字に適用されます。 カルチャサポート

ドロップダウンとスピンボタン

日付時刻や数値編集用の入力コントロールであるC1InputDate、C1InputCurrency、C1InputNumericは、ドロップダウンとスピンボタン(上/下)をサポートしています。 ドロップダウンとスピンボタン

日付ピッカー

C1InputDateコントロールの日付ピッカーとしてカレンダーを表示可能です。ShowTriggerプロパティをTrueに設定するだけで、デフォルトのカレンダーをドロップダウンで開くことができます。 日付ピッカー

和暦

C1InputDateコントロールでは、和暦で日付を入力または表示することができます。 和暦

数値編集

C1InputNumeric、C1InputCurrency、C1InputPercentコントロールに対し、値の入力制限、小数点以下の桁数指定、桁区切り文字の使用が可能です。 数値編集

パスワード保護

C1InputMaskコントロールを使用すると、パスワード文字を表示して入力テキストを保護できます。デザイン時に、入力文字を置換する文字(* など)を選択します。 パスワード保護

キーボードのサポート

キーボードを使用して入力値を編集できます。カーソル位置の移動、範囲値の増減、コピー&ペーストなど、多くの操作を実行可能です。 キーボードのサポート

テーマ設定

スマートタグをクリックするだけで、6種類のプレミアムテーマ(Arctic、Midnight、Aristo、Rocket、Cobalt、Sterling)のいずれかを選択して外観を変更できます。また、jQuery UI の ThemeRollerで作成したテーマも使用可能です。 テーマ設定

CSS 対応

CSS(Cascading Style Sheet)のスタイルを使用して、カスタムスキンを定義できます。 CSS 対応