GridView for ASP.NET Web Forms

C1GridViewコントロールは、Ajaxに対応し、フィルタリングやページング、エクスポート、仮想スクロールなどの機能を備え、柔軟性とパフォーマンスに優れています。また、コントロールはクライアント側とサーバー側の両方で豊富な入力インタフェースを提供します。

機能/特長を詳しく見る

オンラインデモ

C1GridViewコントロールのさまざまな機能をお試しいただけます。各機能の動作はもちろん、ソースコードも確認できます。アニメーションやテーマの設定を変更して動作をご覧いただくことも可能です。

ComponentOne Studio for ASP.NET Web Forms Control Explorerデモアプリ

デモを見る

機能/特長

標準GridViewとの類似性

C1GridViewコントロールは、Visual Studio標準のGridViewコントロールとクラス構造が似ているため、簡単に移行することができます。

編集

グリッド内のデータを編集して、変更内容を保存またはキャンセルできます。標準GridViewのように編集ボタンを押したときにテキストボックスを表示して編集するか、またはセルをダブルクリックしたときにセル内で直接編集するか、いずれかの方法を選択できます。

画像「編集」

入力コントロール

Input for ASP.NET Wijmoのコントロールでセルを編集します。マスク、日付、数値、パーセント、通貨の編集などのエディタをグリッドの任意の列に簡単に追加できます。

ボタンや画像の表示

グリッドの任意の列にチェックボックス、リストボックス、ボタン、画像などを埋め込んで表示できます。

画像「コントロールや画像の埋め込み」

フィルタリング

列ヘッダーの下にフィルタボックスを表示して、ユーザーが動的にフィルタリングを実行することができます。

画像「フィルタリング」

複数行の列ヘッダー

階層構造を表すために、列ヘッダーを結合して複数行の列ヘッダーを表示できます。

画像「複数行の列ヘッダー」

グループ化と集計

エンドユーザーは、グループヘッダーをクリックすることで、グループの拡張や縮小を有効にしてアウトラインモードに設定できます。グリッドは各グループヘッダー行の隣に拡張や縮小のアイコンを表示します。

画像「グループ化と集計」

パフォーマンス

C1GridViewコントロールは、Ajaxに対応し、パフォーマンスに優れています。また、行方向の仮想化に対応しており、大量の行を表示したときに、表示範囲内の行だけを描画することで、描画パフォーマンスを向上させます。

Excelファイルへの出力

グリッドをExcel(.xls/.xlsx)、CSV、PDFファイルにエクスポートします。エクスポートを実行するには、WijmoエクスポートサービスをIISサーバーにインストールする必要があります。

グリッドの設計

スマートタグから設定に関するダイアログ式のエディタを呼び出すことができるスマートデザイン方式を採用。データソースの選択、列やページングの設定など、コードを記述せずにグリッドの設計を簡単にカスタマイズできます。

画像「スマートタグによるプロパティ設定」

テーマ設定

スマートタグをクリックするだけで、6種類のプレミアムテーマ(Arctic、Midnight、Aristo、Rocket、Cobalt、Sterling)のいずれかを選択して外観を変更できます。また、jQuery UI の ThemeRollerで作成したテーマも使用可能です。

画像「テーマ設定」

その他の機能

グリッド書式のカスタマイズ

直観的な書式設定によって、グリッドを任意の外観にカスタマイズできます。列の作成、枠/グリッド線の表示、グリッド内の編集、ソートデータのカスタマイズなど、様々な操作を行うことができます。 グリッド書式のカスタマイズ

セルのマージ

同一の値を含むセルを行方向にマージします。 セルのマージ

列と行の自動リサイズ

1つのプロパティを設定するだけで、グリッドがスクロールされたときに、列の一番長いテキストに合わせて自動的に列や行のサイズを調整します。特定の行列の自動リサイズのみ有効/無効にすることも可能です。 列と行の自動リサイズ

再利用可能なテンプレート

プロジェクト内やプロジェクト外で同じ外観の複数のグリッドを作成する場合など、グリッドテンプレートの読み込み・保存を利用できます。 再利用可能なテンプレート

CSS 対応

CSS(Cascading Style Sheet)のスタイルを使用して、カスタムスキンを定義できます。 CSS 対応