Gauges for UWP

Gauges for UWPには、データ視覚化とビジネスダッシュボードを強化するための7種類のコントロールが収録されています。モダンな外観を持つインタラクティブなゲージにより、情報をグラフィカルに表示することができます。

機能/特長

7つのゲージコントロール

Gauges for UWPには、形状の異なる7つのコントロールが含まれます。円形、直線型、ノブ型、範囲型、定規、速度計、ボリュームの7種類のゲージコントロールから選択できます。

画像「7つのゲージコントロール」

インタラクティブゲージ

C1Knobコントロールを使用すると、エンドユーザーがポインタをドラッグして値を指定できます。カスタマイズ可能な範囲を指定できるC1RegionKnobコントロールも収録されます。インタラクティブなゲージは、テキストベースのエディタやスライダの代わりに使用でき、魅力的なユーザーエクスペリエンスを提供します。

画像「インタラクティブゲージ」

柔軟性の高いデータ連結

Gauges for UWPは、オフモードもサポートします。値がない場合は、範囲外にオフポジションを設定できます。

画像「柔軟性の高いデータ連結」

目盛りマークとラベル

XAMLまたはコードでマークとラベルを定義します。マークとラベルの間隔、位置、および外観を簡単にカスタマイズできます。また、ラベルの書式設定をサポートします。たとえば、通貨やパーセント書式で値を表示するようにラベルを設定できます。

範囲

特定の範囲の値が注目されるように、ゲージに色付き範囲を追加します。単純なプロパティを使用して、開始点、終了点、位置、サイズ、および外観をカスタマイズします。開始幅と終了幅を指定して非直線型の範囲を作成することで、値の変化を表したり、見やすいゲージを作成することができます。

ポインタのカスタマイズ

単純なプロパティを使用して、ポインタおよびポインタキャップの外観と位置をカスタマイズします。

画像「ポインタのカスタマイズ」

スケールのカスタマイズ

ゲージスケールの開始角度と移動角度を簡単に設定できます。Gauges for UWPは、対数スケールもサポートします。