GanttView for WinForms

GanttView
GanttView for WinFormsは、Microsoft Projectのようなプロジェクト管理機能と操作性を提供します。プロジェクトのタスクの計画、調整、追跡に役立つガントチャートの利用が可能です。 制約、依存関係、リソース、スタイルなどの機能の追加によりプロジェクトを効果的で効率良く管理します。

機能/特長

自動と手動のスケジュール

C1GanttViewコントロールは、タスクのリスト、期間、および制約からスケジュールを自動的に生成できます。ユーザーは表形式のデータグリッド、入力ダイアログの使用や、グラフペイン内のバーをドラッグするなど、手動でタスク情報を編集することも可能です。

※タスクの制約については、「その他の機能」をご覧ください。

画像「自動と手動のスケジュール」

カレンダーとタイムスケールの設定

日付、時刻、およびその他の書式を指定するカレンダー設定を作成、保存します。 実行時のダイアログボックスから最大3区分の日付/時刻書式を指定して、タイムスケールを管理します。

画像「カレンダーとタイムスケールの設定」

先行タスク

各タスクは、開始または終了時に1つ以上の先行タスクを割り当て、タスクの関連付けを行うことができます。先行タスク(または依存関係)は、タスクバー間に矢印を表示するため、後続のタスクや関連するタスクが一目で分かります。 [タスク情報]ダイアログを使用するか、タスクバーを関連タスクまでドラッグし設定します。 また、スケジュールの重複が発生した際には、ユーザーに警告する検証機能も備えています。

画像「先行タスク」

組み込みのToolstripコマンド

C1GanttViewコントロールは、最も一般的なコマンドを含む組み込みのToolstripを備えています。ユーザーはプロジェクト情報を管理でき、クリック1つで簡単にタスクの移動、挿入、削除を行うことができます。また、ユーザーは表示するグリッド列、リソース※、タイムスケール、およびバースタイルも管理できます。組み込みのToolstripを使用せず、独自のカスタムUIを使用することも可能です。

※タスクのリソースについては、「その他の機能」をご覧ください。

画像「組み込みのToolstripコマンド」

カスタマイズ可能なバースタイル

C1GanttViewには、自動スケジュール、手動スケジュール、プログレスバー、マイルストーン、および期限設定など、複数のバースタイルが用意されています。ユーザーはこれらのバースタイルの形状やパターン、色などをカスタマイズしたり、特定のタスクのスタイルのみカスタマイズしたりすることも可能です。また、ユーザーはリソース名など、バーの左右に表示するテキストフィールドも指定できます。

画像「カスタマイズ可能なバースタイル」

カスタム列

C1GanttViewのデータモデルだけに限定せず、独自の列をC1GanttViewグリッドに追加し、カスタムのビジネスロジックや計算フィールドも表示できます。カスタムデータ値は他のタスクデータと共にXMLに保持することも可能です。

画像「カスタム列」

XML形式のサポート

プロジェクトのスケジュールをXMLファイルに出力できます。組み込みのツールバーには、スケジュールの保存と読み込み用のコマンドが含まれています。また、コードでSaveXMLとLoadXMLメソッドを呼び出すことも可能です。

印刷

グリッドビュー、グラフビューを含むC1GanttViewの画面を印刷/プレビューする機能を備えています。ヘッダ/フッタ、凡例を追加できるほか、任意の日付範囲のみを印刷することも可能です。

画像「印刷」

さまざまなデータ表示

C1GanttViewは、タスクデータをグループ化、フィルタリング、ソートする機能を備えています。目的に合わせてデータを分類したり、並び替えたりできるため、必要なタスク情報が取得しやすくなります。

画像「さまざまなデータ表示」

その他の機能

タスクの制約

制約は、タスクの開始日または終了日に設定される期限です。各タスクには、自動モードによるスケジュール作成時に順守される制約タイプと制約日付を割り当てることができます。 タスクの制約

タスクのリソース

人、資材、およびコストなどのプロジェクトのリソースのリストを管理します。任意の数のリソースをタスクに割り当てて、それぞれにコスト単価を与えます。 タスクのリソース