FlexSheet for WPF

【Enterprise限定機能】FlexSheet for WPFは、WPFアプリケーションにMicrosoft Excelのようなスプレッドシート機能を提供します。C1FlexSheetはC1FlexGridコントロールを継承しており、C1FlexGridの持つ柔軟性を活かしつつ、Excelファイルのインポート、数式の適用、行の操作、およびセルの書式設定が簡単に行えるようになっています。

機能/特長

Excelファイルの表示と編集

C1FlexSheetは、Microsoft Excelファイル(.xls、.xlsx)をインポート、編集、およびエクスポートすることができます。C1FlexSheetでは、Excelに似たタブインタフェースを使用して、複数のワークシートを管理します。シートを切り替えたり、シート内でコンテンツを直接編集したり、コードを使用してコンテンツを更新することができます。変更後のExcelファイルは、C1ExcelでもMicrosoft Excelでも使用できます。

画像「Excelファイルの表示と編集」

数式のサポート

C1FlexSheetには、Excel形式の数式を分析および評価するための独自の数式エンジンが用意されています。集計関数、統計関数、三角関数などのさまざまな組み込み関数がサポートされており、他のシート/セル値への参照を含めることもできます。無効な数式を入力した場合は、エラーメッセージが表示されます。

スタイルと書式

フォント、色、配置、罫線など、セルのスタイルを自由にカスタマイズできます。また、数値、通貨、パーセント、日付など、セルデータの表示書式を指定することができます。スタイルや書式は、シート全体、行、列、セルおよびセル範囲で適用できるので、複雑な外観のデザインも効率的に行えます。

ワークシートの管理

ワークブックに含まれるシートに対し、新規追加、削除、名前の変更、表示/非表示、タブ順などを簡単に実行できます。またシートごとに行および列の追加や削除、固定、ヘッダやグリッド線の表示/非表示を指定できます。