FlexGrid for WPF

FlexGrid
FlexGrid for WPFは、組み込みの印刷機能、セル結合、列集計、非連結セルとカスタムセル、豊富な編集機能、さらにビジネスアプリケーションに必要なあらゆる拡張能力を備え、優れた柔軟性のあるグリッドです。

機能/特長

高速、軽量

「FlexGrid」は、高速かつ軽量コンポーネントですが、グリッドに求められる機能が備わっており、スクロール、サイズ変更、展開、縮小、編集、すべてが高速に動作します。「FlexGrid」は、最高のパフォーマンスを引き出すために、完全なUI仮想化と優れた仮想化管理を使用しています。ぜひ、実際のパフォーマンスをお試しください。また、サーバー側データの仮想化において、FlexGridはC1DataSourceとスムーズに連携します。

画像「高速、軽量」

Excelのようなセルの編集

FlexGrid for WPFでの編集は、Excelのセルの編集に似ています。F2キーを押すか、セルをダブルクリックすると、移動キーを押してもセルエディタからフォーカスが移動しないセル編集モードになります。また、非編集時のセルに対して文字を入力すると、そのまま編集モードに切り替わり、セルエディタに反映されます。ユーザーがEnterキー、タブキー、またはエスケープキーを押すまで、セルエディタはアクティブなままです。

画像「Excelのようなセルの編集」

グループ化、ソート、フィルタリング

列ヘッダをグループ化領域にドラッグすると、グループが作成されます。グループを作成した後は、マーカーをドラッグしてグループの順番を変更したり削除することもできます。Column.GroupAggregateプロパティを設定するだけで、特定列で集計の表示を指定することができます。集計方法には、合計、個数、平均などが含まれます。Excel形式のドロップダウンフィルタでは、ユーザーは表示する値を選択するか、条件を指定してフィルタリングすることができます。

画像「グループ化、ソート、フィルタリング」

拡張とカスタマイズ

セルファクトリーを使用すると、グリッドの動作と外観を完全にカスタマイズできます。FlexGridは、これまでの伝統的なDataGridを超える、特別なビジネス要求に応えるカスタムセルの定義をシンプルに実現します。たとえば、条件付き書式、または、カスタムセルのエディタを、FlexGridのセルファクトリーで簡単に提供できます。すぐに利用できるようにさまざまなサンプルも提供しています。

画像「拡張とカスタマイズ」

ファイル出力と印刷

「FlexGrid」は、Excelファイル(*.xls、*.xlsx)への出力をサポートしています。また、ドキュメント内の各ページを分割して印刷する機能を提供します。分割したページ上でセルがカットされて表示されることはなく、各ページに列ヘッダを表示して見やすくします。

画像「ファイル出力と印刷」

柔軟なデータ連結とアンバウンドモード

IEnumerableを実装するオブジェクトやオブジェクトのリストと容易にデータバインドできます。データバインドのサポートに加え、データを内部的に格納するアンバウンドモードでも動作します。FlexGrid for WPFは、Windows Forms版と類似したオブジェクトモデルで構成されています。行と列のインデックスを作成する方法も類似しています。

画像「柔軟なデータ連結とアンバウンドモード」

複数行ヘッダと複数列ヘッダ

複数行ヘッダと複数列ヘッダをサポートします。複数のセルを含むヘッダーから成る「バンド」を作成しセルを結合すると、グループにまとめて表示するのに便利です。

画像「複数行ヘッダと複数列ヘッダ」

セルのマージ

プロパティを設定するだけで、行や列の必要なセルを結合できる機能を備えています。セルのマージは、同じ値を持つ隣接したセルを結合して、ユーザーが読みやすいようにテキストを配置します。また、希望するセル範囲をマージ可能にした、カスタムマージもサポートしています。

画像「セルのマージ」

その他の機能

固定行と固定列

プロパティを設定するだけで、任意の数の行と列を固定します。固定されたウィンドウ枠は、スクロールされません。 固定行と固定列

オートコンプリートとデータマップに対応したコンボボックスセル

オートコンプリートとデータマップをサポートしています。データマップは、コントロール内に格納するデータキーと、コンボリストに表示される値を保持します。FlexGrid for WPFは、基になるデータキーに対応する表示値の一覧を処理する組み込みのクラスを備えています。 オートコンプリートとデータマップに対応したコンボボックスセル

複数選択モード

セルの選択方法は、単一セル、セル範囲、単一行、行範囲、リストボックスから指定できます。リストボックスは、連続しない任意の行のセットを指します。 複数選択モード

カスタムセル

シンプルなインターフェイスを提供することにより、カスタムセルを定義しやすくしています。カスタムセルは、テキスト以外の値をグリッドに表示する場合に便利です。 カスタムセル

クイックスタイル

特定の行または列にスタイルを適用する簡単な方法を提供しています。たとえば、太字フォントと黄色の背景を適用して強調表示する必要がある場合、行と列が持つフォントや背景色のプロパティを使用して設定できます。これらのスタイルプロパティは、XAML またはコードで設定可能です。 クイックスタイル

列幅または行の高さの自動調整

表示されているデータを考慮して、列幅や行の高さを迅速かつ正確に自動調整します。 列幅または行の高さの自動調整

FlexGrid for Silverlightとの互換性

FlexGrid for WPFはFlexGrid for Silverlightとコードレベルでの互換性を持ちます。多くのコードを共有することができるため、両方のプラットホームでより簡単な開発を可能にします。 FlexGrid for Silverlightとの互換性