Excel for UWP

Excel for UWPは、Microsoft ExcelをインストールすることなくExcelファイルを作成することが可能です。行、列、セルで構成される単純なグリッドを使用するように、各シートのデータを容易に編集できます。

機能/特長

Excelブックの保存と読み込み

Excel for UWPは使いやすく、1つのコマンドを使用してワークブックをロードまたは保存します。Excelブックには複数のシートを格納でき、分離スレージを使用しなくても、メモリストリーム上で直接ロードまたは保存することもできます。

CSV、XLS、XLSXのサポート

Excel for UWPでは、XLS、XLSX(OpenXML形式)、CSV(カンマ区切り値)の3つのファイル形式を使用できます。Microsoft Excelをインストールする必要はありません。OpenXml形式を使用することで、小さく圧縮されたファイルを保存できます。

個々のセル内のデータの読み書き

C1XLBookでExcelブックをロードまたは作成したら、行、列、セルで構成される単純なグリッドのように各シート内のデータにアクセスできます。既存のシートを編集して保存することもできます。

各セルのデータの書式設定

セルの書式を設定して、エンドユーザーに正確なデータを確実に入力させることができます。各セルに関連付けられた書式には、セルに格納されているデータと同様に簡単にアクセスできます。

セルの数式の追加

Excel for UWPは、セルの数式とバイナリ解析を完全にサポートしています。XLCell.Formulaプロパティを使用して、セルの数式を指定できます。

グループ化と小計

行および列の小計を計算できます。コードでアウトラインレベルのグループ化を宣言して、合計や小計を最適に表示できます。