DateTime Editors for WPF

DateTime Editors
DateTime Editors for WPFを用いると、日付と時間の表示/編集/検証を簡単に行うことができます。C1DateTimePickerは、1つのコントロールで日付と時刻の値を選択できる直観的なUIを提供します。C1TimeEditorコントロールは、時刻専用の簡単なマスクエディタです。スピンボタンまたはキーボードの矢印キーを使用するか、フィールドに値を直接入力することで日付と時刻の値を編集できます。

収録コントロール

  • C1DatePicker
  • C1DateTimePicker
  • C1TimeEditor

機能/特長

複数の表示形式

編集モードとして、DateTime、Date、Timeの3種類から選択できます。また、日付と時間の書式を、定義済みの時刻形式(ShortTime、LongTime、TimeSpan)および日付形式(Short、Long)から選択することが可能です。 複数の表示形式

スピンボタン

C1DatetimePickerコントロールおよびC1TimeEditorコントロールは、スピン(上/下)ボタンを使用して日付と時刻を指定できます。 スピンボタン

様々なカルチャの設定

日付・時刻書式のカルチャを幅広いカルチャの中から選択できます。 様々なカルチャの設定

Null値

C1DateTimePickerコントロールおよびC1TimeEditorコントロールには、Null値を入力することができます。AllowNullプロパティを「False」に設定することで、Null値の入力を禁止することもできます。 Null値

マスクを用いた入力検証

C1DatePicker コントロールは、カスタムの日付形式とマスクされた入力をサポートします。編集マスクは、エンドユーザーがフィールドに無効な文字を入力できないようにします。 マスクを用いた入力検証

ClearStyleで色をカスタマイズ

ClearStyle技術を利用することで、コントロールのテンプレートを変更することなく、コントロールのブラシなどを容易に変更可能になりました。Visual Studioでいくつかのブラシのプロパティを設定するだけでコントロール全体の外観を素早く設定できます。 ClearStyleで色をカスタマイズ