DataGrid for WPF

DataGrid

機能/特長

ファイル出力と印刷

「DataGrid」は、Microsoft Excel(*.xls、*.xlsx)への出力と印刷機能をサポートしており、わずか数行のコードで実装できます。ファイル出力や印刷にはオプションが複数用意されており、たとえば、印刷の際はグリッドを実際のサイズで印刷するか、ページ幅に合わせるか、1ページで印刷するかを選択できます。また、読みやすいように、各ページに列ヘッダーが繰り返し表示されます。「DataGrid」はクリップボードの機能もサポートしています。そのため、グリッドのデータをコピーし、外部のファイルに貼り付けることも可能です。

画像「ファイル出力と印刷」

高いパフォーマンス

「DataGrid」は、UIの仮想化技術を用いて行および列を再利用することで、大規模なデータセット処理で最適なパフォーマンスを得ることができます。また、遅延スクロールの機能は、ベストなパフォーマンスを得るオプションとなります。サーバー側データの仮想化においては、C1DataSourceとスムーズに連携します。

画像「高いパフォーマンス」

スタイルと外観の簡単な変更

「DataGrid」は、ComponentOne ClearStyle技術をサポートしており、テンプレートを変更せずに、コントロールのブラシを簡単に変更できます。Visual Studioでいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、素早くコントロールの各パーツのスタイルを設定できます。

画像「スタイルと外観の簡単な変更」

インタラクティブなグリッド

インタラクティブな操作を可能にする「DataGrid」は、ユーザーエクスペリエンスを強化します。列のサイズ変更とドラッグ、行の編集、ソート、フィルタ処理、グループ化、固定、ドラッグアンドドロップなど多くの対話式機能が組み込まれています。

グループ化と集計

「DataGrid」は、ドラッグ&ドロップによるグループ化をサポートします。列ヘッダをグリッドの上部にドラッグするだけでデータをグループ化でき、展開/縮小できるノードが自動的に生成されます。グループ化したヘッダー行に、集計関数の計算結果や合計を表示することも可能です。

画像「グループ化と集計」

条件付きフィルタ

「DataGrid」は、デフォルトで条件付きフィルタをサポートしています。このタイプのフィルタリング機能は、Excelのようなドロップダウンメニューを表示し、各列の列ヘッダにおけるボタンで「~を含む」、「~で始まる」、「~より小さい」、「~より大きい」などの条件によってデータをフィルタできます。

画像「条件付きフィルタ」

複数値フィルタ

条件付きフィルタのほかに、有効な値のリストを表示したり、複数値に基づくフィルタ機能をユーザーに提供することができます。同じドロップダウンに両方のタイプのフィルタを表示することもできます。

画像「複数値フィルタ」

カスタムテンプレート

C1DataGridの行テンプレートを使用して、グリッドの上端または下端にカスタム行を追加することができます。たとえば、独自のフィルタを設計したり、合計行の指定などを行うことができます。

画像「カスタムテンプレート」

詳細行と階層表示

「DataGrid」は、各行の展開セクション内にUI要素を挿入する詳細行テンプレートをサポートします。たとえば、もう一つのDataGridを挿入して、マスター /詳細グリッドを作成し、データを階層表示することができます。

画像「詳細行と階層表示」

さまざまな列タイプ

「DataGrid」には、一般的なデータ型をすべてカバーする数多くの列エディタが組み込まれています。これらの列エディタには、テキスト、チェックボックス、日付ピッカー、コンボボックス、ハイパーリンクや画像が含まれています。さらに、カスタム列エディタを使えば、マスク付テキストや複数行テキスト、複合列、カラーピッカーなどを設定することもできます。

複合列

C1DataGridの各行に対する独自のデータテンプレートをデザインして、複数のデータフィールドを結合した複合列を作成できます。

画像「複合列」

複数選択モード

さまざまなセル選択オプション - 単一セル、単一行、単一列、単一範囲、複数行、複数列、複数範囲 - をエンドユーザーに提供します。「DataGrid」は、クリップボードもサポートするため、エンドユーザーは選択したセルを Microsoft Excelなどの任意のテキストエディタに簡単に貼り付けることができます。

セルマージ

「DataGrid」は、プロパティを設定するだけで、行や列の必要なセルを結合できる機能を備えています。セルのマージは、同じ値を持つ隣接したセルを結合して、ユーザーが読みやすいようにテキストを配置します。

画像「セルマージ」

新規行の追加

グリッドの上端または下端に空の新規行を追加できます。