Calendar for UWP

Calendar for UWPを使用して、日付を使用するダッシュボードやスケジュールアプリケーションを作成してください。C1Calendarコントロールは、日付のナビゲーションや日付範囲の選択に使用されます。予定などのカスタムカレンダー情報を表示することもできます。

機能/特長

日付範囲の選択

タップ操作や長押しとスライド操作により、1日や複数の日を選択できます。選択できる日数は、MaxSelectionCountプロパティを使用して制御します。

カスタマイズ可能なカレンダー設定

週の最初の曜日や稼働日などを指定することができます。Windowsランタイムでサポートされているカルチャ情報を使用してC1Calendarを表示できます。稼働日と週末を特別な色で表示して、視覚的に区別できます。また、任意の日付を太字にして、エンドユーザーに強調表示することができます。

画像「カスタマイズ可能なカレンダー設定」

簡単で柔軟なスタイル設定モデル

C1Calendarでは、テンプレートを上書きしなくてもコントロールのブラシを簡単に変更できます。前後の月の日、週末、選択中の日、月ヘッダーなど、コントロールの各表示部分は独自のブラシを持ちます。

日付の外観とコンテンツのカスタマイズ

カスタムテンプレートとテンプレートセレクタを使用して、個々の日の外観を変更することができます。C1DataTemplateSelectorのカスタム実装を使用して、日付ブロック内にカレンダー予定などのカスタムコンテンツを表示できます。

週番号の表示

1つの単純なプロパティを設定するだけで、週番号を表示できます。C1Calendarは、1か月が4週、5週、6週いずれの場合でも、常に最小限の行数を表示します。末尾に空の週は表示されません。

年カレンダーおよび10年カレンダーモード

年カレンダーモードまたは10年カレンダーモードを使用して数年前の日付を簡単に入力できます。月ヘッダーをタップして年カレンダーモードに、そして年ヘッダーをタップして10年カレンダーモードに変更できます。

画像「Year and Decade Modes」

「今日」ボタン

ShowTodayButtonプロパティを設定するだけで表示される「今日」ボタンは、1クリックで現在の日付に戻る操作性をユーザーに提供します。