Book for WPF

Book
Book for WPFは、UIElementオブジェクトを実際の本のページと同様に表示します。2つの要素を並べて表示、影の追加、マウス操作でのページめくりなど、多くの機能を提供します。

機能/特長

実際の本のような外観

ページの折り返しや内側と外側に影を表示して、ページのルック&フィールをカスタマイズできます。また、ページをマウスでドラッグしたりページの隅をダブルクリックするとページがめくれ、実際の本のように動作します。

画像「実際の本のような外観」

縦方向のページ

日めくりカレンダーのように、ページを縦方向にめくることができます。

画像「縦方向のページ」

柔軟性のあるデータ連結

C1BookコントロールはItemsControlであるため、任意のデータソースに連結でき、仮想化をサポートします。データソース内の各項目にはUIElementを設定でき、テンプレートを使用してオブジェクトをUIElementに変換することも可能です。

1ページまたは2ページの表示

C1Bookコントロールでは、PageModeプロパティを設定するだけで、1ページだけを表示するか、2ページを横に並べて表示するか選択することができます。

ページのカスタムスタイル

Book for WPFは、奇数と偶数のページに異なるテンプレートを適用したり、表紙のようなカスタムページを定義したりすることができます。

指定したページへの移動

プログラムでページ番号を操作して、素早くページを移動するための索引を提供することができます。