Accordion for WPF

Accordion
Accordion for WPFは、展開可能な項目リストを表示します。本コントロールを使用して、対象となる項目の選択と同時に、その他の項目を縮小表示し、UIを自動的に整理しながら、画面の最適化を行えます。

機能/特長

自由なデータバインドとドリルダウン

C1Accordionコントロールは、ItemsControlを継承していることにより、Itemsコレクションに任意のデータ型オブジェクトを追加でき、リストをドリルダウンで表示するなど、DataTemplateを用いて項目の視覚的な表示を行えます。

画像「任意のデータ型のオブジェクトの追加」

各種の展開モード

C1Accordionは、上、下、右、左、4つの方向に展開できます。展開モードは「下」(既定値)に設定されている場合は、C1Accordionのコンテンツはヘッダの下側に表示されます。展開方向は、1つのプロパティを設定するだけで変更可能です。

画像「各種の展開モード」

ClearStyleにより簡単に色を変更

C1Accordion はComponentOne ClearStyle技術をサポートしており、テンプレートを変更しなくても、コントロールのブラシを用意に変更できます。Visual Studioでいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、素早くコントロールの各パーツのスタイルを設定できます。