低コストでの開発

サブスクリプション方式の場合、初期費用を安く抑えることができます。ComponentOne製品でも、より多くのお客様が導入しやすいよう初期費用(サブスクリプションイニシャル)を設定しています。また、更新費用(サブスクリプションリニューアル)も、初期費用の40%とお得な価格になっています。

最新機能の使用

ComponentOne製品は、新しいUIやUX、プラットフォーム、Web技術などをいち早く取り入れることをモットーとしています。基本的な開発サイクルとして年に3回 ※ のメジャーリリース(V1、V2、V3)があり、新しい環境や技術への対応が早いため、めまぐるしく変わるビジネスモデルに合わせた柔軟なITシステムを低コストで開発できます。
※ 製品や状況によって異なる場合があります。

サポートポリシー

ComponentOne製品では、メジャーリリースごとに製品の対応環境(必要システム)を定めていますが、対応環境に記載されているOSなどのMicrosoft製品は、Microsoft社のサポートライフサイクル(延長サポート終了日)に準じてサポートします。新しいOSへの対応はメジャーリリース時になりますが、反対にこれまでサポートされていたOSがメジャーリリース時に急に未対応になるようなことはありません。あくまでMicrosoft社のサポートライフサイクルに準じてサポートが終了されます。サブスクリプションサービスを継続することで、長く安心してComponentOne製品をご利用いただけます。

サポートポリシーを見る

不具合対応のアップデートが早い

メジャーリリースに加え、不定期に機能強化や不具合修正を行ったマイナーリリースを予定しています。サブスクリプション期間内であれば、これらのすべてのリリースを自由にご利用いただけます。

メジャーリリース・マイナーリリースについて


日本語による技術サポート

サブスクリプションには日本語による技術サポートが含まれており、契約期間中は何度でもメールによるお問合せを利用することが可能です。企業システムに対しても安心してご利用いただけます。

日本語による技術サポート


サブスクリプションで便利な機能

ユーザー専用ページでのライセンス管理

ComponentOne製品はすべてダウンロードで提供します。アカウントとパスワードで管理された登録ユーザー専用ページをグレープシティサイト内に用意しますので、ユーザーは各自の専用ページで自分の登録している製品のシリアルナンバーやライセンス状況の確認を行うことができます。

ユーザー専用ページ


アセンブリ更新管理ツールを提供

ComponentOne Studioでは、「ComponentOne Studio Live(以下C1Live)」と呼ばれるアセンブリ管理ツールを提供します。「C1Live」を使用すると、アセンブリを最新状態へアップデートするだけではなく、インストールされているアセンブリのファイルバージョンの確認、任意のアセンブリバージョンのダウンロードなども可能です。また前述のとおり、サブスクリプション版では契約期間中に入手したアセンブリはすべてのファイルバージョンを利用できます。最新版のインストールだけでなく、以前のファイルバージョンに戻すこともC1Live上で行えます。テストのために新しいファイルバージョンを試した後、以前のファイルバージョンに戻すといったことがとても簡単です。

ComponentOne Studio Live

アップデート方法については、ComponentOne Studio共通ヘルプの移行ガイドをご覧ください。
ComponentOne Studio共通ヘルプ - 移行ガイド

Wijmoシリーズのアップデートの方法はこちらをご覧ください。