Studio for WinForms | Studio for ASP.NET MVC | Studio for ASP.NET Web Forms | Studio for UWP | Studio for WPF | Studio for Silverlight | ClickOnceとは


画像「ComponentOne Studio for WinFormsアイコン」

ComponentOne Studio for WinForms


Control Explorer | FlexChart Explorer | FlexReport Explorer | FlexGrid for WinForms 基本機能

Control Explorer

Windowsフォーム用コンポーネントの基本的な機能をお試しいただけます。
グリッドや帳票、チャート、スケジュール他、各コンポーネントのクイックリサーチにご活用ください。

画像「ComponentOne Studio for WinForms Control Explorerデモアプリ画面」

アプリケーションをインストールする

クライアント要件
  • .NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2/4.7
  • Windows 7/8/8.1/10/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016
  • デモを実行するには、実行環境にADOMD.NETがインストールされている必要があります。ADOMD.NETは、Microsoft SQL Server Feature Packの一部として提供されています。

ClickOnceとは

FlexChart Explorer

FlexChart for WinFormsが提供する基本的な機能(データ連結、インタラクティブ操作、傾向線など)および作成可能なチャートの種類をご確認いただけます。

本デモは製品にも付属しており、プロジェクトにて実装内容の詳細をご確認いただくことができます。

画像「FlexChart Explorer」

アプリケーションをインストールする

クライアント要件
  • .NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2/4.7
  • Windows 7/8/8.1/10/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016

ClickOnceとは

FlexReport Explorer

FlexReport for WinFormsを使用して、さまざまな事例に基づいて作成された帳票のサンプルを表示します。それぞれの帳票は、FlexReportが持つ多彩な表現力と高度な集計機能を活用して作成されており、その実力の片鱗を垣間見ることができます。

本デモは製品にも付属しており、それぞれの帳票におけるレポート定義の内容を参照したり、テンプレートとしてご利用いただくことができます。

画像「FlexReport Explorer」

アプリケーションをインストールする

クライアント要件
  • .NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2/4.7
  • Windows 7/8/8.1/10/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016

ClickOnceとは

FlexGrid for WinForms 基本機能

FlexGrid for WinFormsが提供する基本的な機能(セル型やマージ、アウトラインツリー、印刷プレビューなど)をお試しいただけます。

画像「FlexGrid for WinForms 基本機能デモアプリ画面」

アプリケーションをインストールする

クライアント要件
  • .NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2/4.7
  • Windows 7/8/8.1/10/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016

ClickOnceとは


ComponentOne Studio for ASP.NET MVC

ComponentOne Studio for ASP.NET MVC


MVC Explorer | FlexViewer | MultiRow | OLAP | FlexSheet | FinancialChart | SignalR | ダッシュボード | Web API

MVC Explorer

ASP.NET MVC用のさまざまなコントロールの主要機能をお試しいただけます。一覧からコンポーネントを選択して、各機能の動作やソースコードを確認できます。

Control Explorer

デモを見る ( ASP.NET版 | ASP.NET Core版

FlexViewer

ASP.NET MVC用の帳票ビューワコントロールを用いて、FlexReport帳票や、SSRS帳票、PDFファイルの表示機能をお試しいただけます。

FlexViewer

デモを見る (ASP.NET版 | ASP.NET Core版

MultiRow

ASP.NET MVC用のMultiRowコントロールを用いて、1レコードを複数行で表示して1画面にするグリッドの機能をお試しいただけます。各機能の動作やソースコードを確認できます。

MultiRow

デモを見る (ASP.NET版 | ASP.NET Core版

OLAP

ASP.NET MVC用のOLAPコントロールを用いて、Excelピボットテーブルのようなデータ分析機能をお試しいただけます。各機能の動作やソースコードを確認できます。

OLAP

デモを見る (ASP.NET版 | ASP.NET Core版

FlexSheet

ASP.NET MVC用のスプレッドシートコントロールの基本的な動作や数式、Excel入出力などの機能をお試しいただけます。各機能の動作やソースコードを確認できます。

FlexSheet

デモを見る ( ASP.NET版 | ASP.NET Core版

FinancialChart

ASP.NET MVC用の金融業界向けの様々な高度なチャートや、トレンドライン、レンジセレクター、アノテーションによる分析機能をお試しいただけます。各機能の動作やソースコードを確認できます。

FinancialChart

デモを見る ( ASP.NET版 | ASP.NET Core版

SignalR

ASP.NET MVC用のスプレッドシートコントロールとASP.NET SignalRのリアルタイム通信機能を利用して、Googleスプレッドシートのように、1つのスプレッドシートを複数ユーザーで同時編集する方法を示します。

SignalR

デモを見る

ダッシュボード

ASP.NET MVC用のコントロールを使用して、ダッシュボードアプリを作成します。ダッシュボード項目はドラッグで移動したり、追加/削除することができます。

ダッシュボード

デモを見る

Web API

Web APIのさまざまな機能をお試しいただけます。一覧からWeb APIを利用するコントロールを選択して、各機能の動作やソースコードを確認できます。

Web API

デモを見る


ComponentOne Studio for ASP.NET Web Forms

ComponentOne Studio for ASP.NET Web Forms


Control Explorer

ASP.NET Webフォーム用コンポーネントのさまざまな機能をお試しいただけます。一覧からコンポーネントを選択して、各機能の動作やソースコードを確認できます。アニメーションやテーマの設定を変更して動作をご覧いただくことも可能です

ComponentOne Studio for ASP.NET Web Forms Control Explorerデモアプリ

デモを見る


画像「ComponentOne Studio for UWPアイコン」

ComponentOne Studio for UWP


ComponentOne Studio機能紹介

ユニバーサルWindowsアプリ用コンポーネントのさまざまな機能をお試しいただけます。本アプリでは、グリッド、チャート、入力支援、データ出力、文書の表示など、幅広いカテゴリのコンポーネントの機能を紹介します。

画像「ComponentOne Studio機能紹介デモアプリ画面」

アプリケーションをインストールする
※現在は英語版デモのダウンロードページへ移動します。日本語版デモについては近日公開予定です。

クライアント要件
  • Windows 10

画像「ComponentOne Studio for WPFアイコン」

ComponentOne Studio for WPF


Control Explorer | FlexChart Explorer | 販売管理システム | ExcelBook

Control Explorer

WPF用コンポーネントのさまざまな機能をお試しいただけます。グリッドやチャート、帳票ビューワ、スケジューラなど、各コンポーネントの調査にご活用ください。いくつかのサンプルでは、コンポーネントのプロパティを変更して動作を確認することも可能です。

画像「ComponentOne Studio for WPF Control Explorerデモアプリ画面」

アプリケーションをインストールする

クライアント要件
  • .NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2/4.7
  • Windows 7/8/8.1/10/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016
  • デモを実行するには、実行環境にADOMD.NETがインストールされている必要があります。ADOMD.NETは、Microsoft SQL Server Feature Packの一部として提供されています。

ClickOnceとは

FlexChart Explorer

FlexChart for WPFが提供する基本的な機能(データ連結、インタラクティブ操作、傾向線など)および作成可能なチャートの種類をご確認いただけます。

本デモは製品にも付属しており、プロジェクトにて実装内容の詳細をご確認いただくことができます。

画像「FlexChart Explorer」

アプリケーションをインストールする

クライアント要件
  • .NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2/4.7
  • Windows 7/8/8.1/10/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016

ClickOnceとは

販売管理システム

WPF用コンポーネントを使用して、簡単な販売管理システムを実現します。製品データ入力、見積の入力と印刷、スケジュール管理機能を備えます。

画像「ComponentOne Studio for WPF 販売管理システム デモアプリ画面」

アプリケーションをインストールする

クライアント要件
  • .NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2/4.7
  • Windows 7/8/8.1/10/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016

ClickOnceとは

ExcelBook

FlexGrid for WPFを使用して、Microsoft Excelのような外観と機能を提供します。既存のExcelファイルを開いて編集、保存することが可能です。また、ソートやフィルタ処理、Excelの印刷にも対応しています。

画像「ComponentOne Studio for WPF ExcelBookデモアプリ画面」

アプリケーションをインストールする

クライアント要件
  • .NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2/4.7
  • Windows 7/8/8.1/10/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016

ClickOnceとは


画像「ComponentOne Studio for Silverlightアイコン」

ComponentOne Studio for Silverlight


Control Explorer

Silverlight用コンポーネントのさまざまな機能をお試しいただけます。グリッドやチャート、帳票ビューワ、スケジューラなど、各コンポーネントの調査にご活用ください。いくつかのサンプルでは、コンポーネントのプロパティを直接変更することが可能です。

画像「ComponentOne Studio for Silverlight Control Explorerデモアプリ画面」

デモを見る

クライアント要件
  • Silverlight5

ClickOnceとは

ClickOnce(クリックワンス)は、Windows FormsやWPFで構築されたクライアントアプリケーションを、リンクをクリックすることでクライアントPCに配置できる機能です。アプリケーションの実行に必要なファイルをWebサーバー、ファイル共有サーバーなどに保存し、そのアプリケーションマニフェストへのリンクをユーザーに知らせるだけでアプリケーションを配置することができます。

Visual StudioはClickOnceでの配置に必要なコンポーネントを自動で作成する機能を備えています。ClickOnceを使用したアプリケーションの配置については製品ヘルプ「アプリケーションの配布について」を参照してください。

注意事項

アプリケーションのインストール

「アプリケーションをインストールする」をクリックすると次のダイアログが表示されます。[インストール]ボタンをクリックすると、アプリケーションがクライアントPCにインストールされます。インストールが完了すると、アプリケーションが起動します。

画像「アプリケーションのインストール」

Windows 8での注意点

Windows 8では、ClickOnceでアプリケーションをインストールした後の最初の起動で、SmartScreenフィルタリングによる警告画面が表示されることが確認されています。

画像「警告画面」

アプリケーションを実行するには、警告画面の[詳細情報]をクリックして[実行]ボタンを押してください。

画像「警告画面の詳細情報画面」

アプリケーションの実行

インストールされたアプリケーションはWindowsの「スタートメニュー」から実行できます。本サンプルの場合は[プログラム]-[ComponentOne ClickOnce Demo]に登録されます。

アプリケーションの更新

Webサーバーに新しいバージョンが配置された場合、アプリケーションの起動時、自動的に新しいバージョンがインストールされます。オフラインで起動した場合は、自動更新されません。

アプリケーションの削除

アプリケーションを削除するには、「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」を開き、[ClickOnceデモ]を選択して[変更と削除]ボタンをクリックします。「このコンピュータからアプリケーションを削除します。」を選択し、[OK]ボタンをクリックするとクライアントPCからアプリケーションを削除できます。

画像「アプリケーションの削除」